掲載中の作品

職場にいる人間の空気感や性格が自分と合わなかったり、嫌な上司や同…

あなたへのffersは、現在の仕事ほどあなたに適していません、または雇用主が貪欲すぎる場合。転職したい場合、入社した会社では転職できません。また、おそらくそこには未来がないと感じるでしょう。

しかし、自分に適さない業界から、自分の可能性が高い別の業界に変更すると、以前よりも多くの収入を得て、別の仕事で働く経験を積むことができます。

これは、現在の人生をあきらめようとするなら、簡単に解決できる問題ではありません。

転職できない最も一般的な理由は、雇用主があなたのために別の立場に行く気がないことです。

抜け道がないと感じた場合は、現在の仕事をできる限り続けることができます。転職したくない人は、今の生活をあきらめるでしょう。

転職する場合は、必ず以下の質問をしてください。

雇用者の年齢と国籍は何歳ですか?

働きたいポジションに転職できますか?

その会社が私を喜んで喜ばせる理由はありますか?

給料は妥当ですか?そうでない場合、給与以上のものを得て転職する方法はありますか?

雇用主はこれまでにあなたを残業させましたか?

外国で働くことはできますか?

別の国に移動する必要がありますか?

どのような教育が義務付けられていますか?

転職のために休暇をとる必要がありますか?

大学に行く必要がありますか?

どのような治療が必要ですか?診療所に行かなければなりませんか?

1年以上勤務できますか?

現在の仕事で何人働いたか?

会社の構造は何ですか?

現在の仕事が終了する可能性はありますか?

会社の経営に変更はありますか?

以前の生活で、地元の学校で教師になりたいと思っていて、毎年転職しなければならなかったとしたら、やりきれなかったのであきらめていました。

現在の給与を失うことなく転職が可能です。あなたがより長い時間働くことをいとわないなら、あなたは以前より多くを稼ぐことができます。

Photo by marpiwnicki

職場にいる人間の空気感や性格が自分と合わなかったり、嫌な上司や同僚がいたりして仕事を辞めるパターンです。よくある理由なのに転職の面接で退職理由として素直に伝えてしまうと、面接官から敬遠されてしまいがちの厄介な理由です
毎日残業ばかりで、家と職場を往復するだけの生活を送っている人もいます。最近ではブラック企業という造語も浸透してきたように、低賃金で労働者を馬車馬のごとく働かせる企業もあります。転職する時間と体力まで削られる前に手を打ちたいところです。
今の仕事があまりにも薄給の場合は除き、基本的に給与を上げる転職は経験を積んでからのほうがしやすいでしょう。面接官が採用したがる強みを身につけるのが現状を抜け出す近道です。

業界や会社に将来性がない場合は早く転職するのもアリです。例えば、業界自体が縮小して会社が潰れたとしましょう。30代まで転職を試みていなかったとすると、雇ってくれる職場が少なくなるのは明白です。

なぜなら、異業種や異業界へ転職しやすいのは20代、特に第2新卒だからです。大企業も大量にリストラする時代です。将来性のない場所にいても時間を無駄にしやすいので、手遅れになる前に行動することをおすすめします。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。