仕方ない。

 仕方ない。
 そうだ、仕方がないのだ。これ以外の仕方がない。
 スコープの中から標的を覗きながら、引き金に指を当てながら、そう心の中で何度も呟き、自らに暗示をかけて、自らにのしかかる罪悪感を消し去ろうとする。

私が生きていくためには、これしかありません。
 
 
 
 では、最後に言った “選択肢がない “ということから始めましょう。
 
 
 
 私は男の子として生まれました。
 
 
 
 大人になっても、私は男の子であり続けるでしょう。
 
それが良いことなのか悪いことなのかはわかりません。
母のために男の子でなければならなかったのです。
苦しかったけど、これしかできなかったんだ。
申し訳ありませんが、どうやら僕は本当に男の子のようです。
でも、やっぱり男として生きていきたい。
母のために生きなければなりません。
母のために生きたいんだ!
ママのために生きたい!
お父さんのために生きたい!
お父さんのために生きたい!」と思っています。
涙が出そうになるのを抑えることができませんでした。
しかし、私は自分のすべきことをしました。
警察署に行って告訴しました。
告訴状は偽物だった。
私は何もしていません。
ただ警察署に行っただけだ。
そのせいで、私はきちんとした扱いを受けられなかったのですが、私はこれを受け入れたくありませんでした。
バレたら父に殺されると思ったからだ。
しかし、私は真実を知る必要がありました。
私はこの事件の犯人にはなりたくなかった

Photo by Philippe Clabots (#PhilippeCPhoto)

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。