掲載中の作品

リモートワークの増加など勤務形態が大きく変わる中、企業にとって従…

パートナーのC-SPANからレポート全体の無料コピーを入手できます。

この記事は当初、The Conversationで公開されました。元の記事を読んでください。

米国には、非国家武装グループとの関係を築き、維持してきた長い歴史があります。最も明白な例は、冷戦時のCIAとムジャヘディンとの関係ですが、庁はベトナム戦争中および1980年代中アフガニスタンでもこうしたグループとの連絡を維持していました。

今日、イスラム国家(IS)の主要な外国の支持者は米国です。 ISは2013年にイラクとシリアで目立つようになり、領土をすばやく占領し、この地域およびそれ以降に一連の壮大な攻撃を行いました。当初、グループの攻撃は比較的小規模で民間人を対象としたものでしたが、2014年と2015年までにISは拡大し、広大な土地を占領し、現在耐えているカリフを確立しました。

米国はまた、YPG、クルド民兵、およびYPGとSDF関連の武装勢力の連合であるシリア民主軍(SDF)に財政的および道徳的な支援を提供しています。 ISはシリアでの民間人の死傷の大部分を担当しており、これをYPG攻撃の正当化として使用しています。

確かに、米国と他の政府は非国家武装グループに対する長いサポートの歴史を維持しています。しかし、米国はこれらのグループのいくつかに大きな貢献をしてきましたが、他の国の主要な州のスポンサーになることに消極的でした。これは部外者には必ずしも明らかであるとは限らない区別です。特に、これらのグループの一部(YPGなど)は米国からかなりの軍事援助を受けています。

表面化した事例の多くでは、米国の支援は散発的で散発的であり、長期間にわたって持続していませんでした。たとえば、米国はIRAとPLOに限定的なサポートを提供し、タミルタイガーに限定的なサポートを提供しています。対照的に、米国はクルド人YPGとSDFに広範な支援を提供しており、米国はイラク軍とそのクルド同盟国に重要な軍事支援を提供しています。

以下は、米国が支援する最も重要な非国家武装グループのいくつかの概要です。

1. IRA

暫定IRAは1984年に米国で設立されました。これは、思想的に推進された非暴力の小グループで、主な目的は北アイルランドでのイギリスの統治を終わらせ、アイルランド共和国を設立することでした

Photo by USACE HQ

リモートワークの増加など勤務形態が大きく変わる中、企業にとって従業員のメンタルの状態を的確に把握することがますます重要になっています。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。