掲載中の作品

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。向こう側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落とした。

「これはとてもクールです。白銀とクルーズ船に乗っているような気がします。」
「あなたはその少女を泣かせますか?」
「まあ、はじめまして、島村さん。」
島村がお辞儀をすると、唇に表情が見えましたが、男はそれを見せませんでした。
「あなたは世界を救った、島村さん。 「
「謙虚な感謝を受け入れてください」
「私はあなたに深く感謝しています」
「いつものように、トップに向かってください、島村さん。 」
その後、列車は次の目的地に行きました。
駅を出たとき、学生のグループが私たちを迎えるために駅に来ました。
島村はあいさつに答えることすらしませんでした。
笑いたい気分でした。しかし、私は何がとても幸せでしたか?
「ああ、白金さん、ありがとうございます。少し寒く感じました。」
電車を降りるとすぐに振り向くと、白金が女の子と手をつないでいるのが見えた。
女の子は白銀の幼なじみでした。
「ああ、だからあなた二人はついに仲良くなった。」
島村と白金は小学校からこのように会っていました。
彼らのうちの2人は、お互いに簡単に話すことができて、お互いを怖がっていないようでした。
そのため、彼らは長い間一緒にいるようでした。
彼らは友達になろうとしているように見えたが、実際には同級生になるだろうと思った。
「あなたも来てくれてうれしいです。」
「なに?結局私に会いに来たの?」
「まあ、正直に言うと、あなたは私のつぶやきになると思っていた。」
「はははは。でも、そんなことを言ったわけではありません。」
「ああ、そうだね。どうして以前に言わなかったの??当時は友達だったかもしれない」
「結局それはそうではありません。私たちは幼なじみになるといつも思っていましたが、とても恥ずかしかったので自分でそれを守っていました。」
それにより、島村の表情は温かい笑顔から苦い表情に変わった

Photo by UN Women Asia & the Pacific

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。