私は足の速い小学生。

私は足の速い小学生。 私は車と同じ速さで走ることができる。私は頭が悪い。私の将来の夢は宇宙飛行士になること。私には兄と妹がいる。私は男。アメリカの田舎に住んでいる。私の特技は逆立ちで走ることができる。私の好きなことはスケートボードをすること。

A:なぜ私に手紙を書こうと思ったのですか?

Q:私はYoukyung Leeさんのファンです。それは、彼女が私の人生について考えさせてくれたからです。自分の将来について考えさせられました。その時、私は「彼女が夢を持てるなら、私も持てる」と思いました。自分の将来について考えるようになり、私の人生が変わったのは、イ・ユギョンさんのおかげだと思います。その時、私はユキョン・リーさんに手紙を書き始めました。彼女を幸せにしてあげたい、と思って書いたのです。

A:この手紙はいつ書いたのですか?

Q:私はユキョン・リーさんが好きな高校生です。私の人生が変わったのは、ユギョン・リーさんのおかげです。初めてユキョン・リーのライブを見たとき、「うわ、この人は才能があって本当にすごい」と思いました。そして、「私もユキョン・リーのようになれる」と思い、ユキョン・リーのようになりたいと思うようになりました。高校生のときに読んだ雑誌に、イ・ユギョンさんのことが書かれていたんです。私は「それは私だ」と思いました。私はユキョン・リーのことを考えるようになりました

Photo by John K Thorne

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。