話がすぐに脱線してしまうのを防ぐ為に、紫咲シオンが大空スバルに雑…

話がすぐに脱線してしまうのを防ぐ為に、紫咲シオンが大空スバルに雑談中のツッコみ役を依頼する

大空スバルさんは、紫崎さんと話ができてよかったと言います。

師崎シオンは、自分と同じ学校にいる人は、自分の趣味や性格もよく知っているだろうと言う。

大空スバルは、詩崎紫苑という名前は聞いたことがないが、とても面白い人だと言う。

人が遊んでいるのを見るのが好きな男だと言う紫崎星音。

大空スバルは続けてくれと頼む。

師崎 シオンは、自分もそうだが、人が自分のもので遊ぶのを見るのが好きだと言う。

大空 昴は、自分のもので遊ぶのが好きな人を見るのが好きだと言う。

大空さんは、紫苑さんとは考え方が違いますが、それでも面白い人だと言います。

大空さんは、いつも遊んでいるのかと尋ねる。

詩崎紫苑は、遊ぶのは好きだけど、見るのは好きじゃなくて、一緒に写真を撮るのが好きなんだと言う。

大空さんは、人が遊んでいるのを見るのが好きみたいだね、と言います。

大空さんは、紫苑さんに、自分の人生はどうなのかと聞いています。

Photo by eXploration Etoile

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。