私はこの状況を打開します。

私はこの状況を打開します。
私は人間の中で一番強いのだから。
こんなところで死んではいけないんだ。
私はこの状況から抜け出さなければならない。
私は逃げなければならない。
私は逃げなければならない。
頭の中で声がした。
“Huuuu……”
これは夢だと言いたかった。
しかし、それは不可能だった。なぜなら、これは現実だからだ。
頭を振ってみたかったが、これは現実だ。
心の中の痛みの感覚が強くなってきた。
私は戦うしかないのだ。
あの怪物を殺さなければならない。
あの化け物を殺さなければならない。
あの化け物を殺さなければならない。
負けたら、死んでしまう。
負けたら、私の大切な思い出が永遠に消えてしまう。
あの化け物を殺さなければならないのだ。
殺せなければ、私は死ぬ。
あの化け物を殺さなければならない。
殺せないなら、私は死ぬ。
あの化け物を殺さなければならなかった。
殺せないなら、私は死ぬ。
あの化け物を殺さなければならない。
私の命は尊い。
私はあの怪物を殺さなければならない。
もし殺せなかったら、私は死ぬ。
あの化け物を殺さなければならない。
殺せないなら、私は死ぬ。
殺せないなら、私は死ぬ

私は剣を振り上げた。
地面に大きな穴が開いた。
これが街の最後の穴だ!」。
我々の人数が敵の人数に及ばなくても、それは問題ではなかった。
私たちは勝たなければならなかった。
仲間の姿が見えた。
これは生死をかけた戦いになるだろう!」。
さすがに生死をかけた戦いを見るのは生まれて初めてのことだ。
津波のような緊張感が伝わってきた。
体が震えていた。
緊張と不安が押し寄せてきました。
プレッシャー、恐怖….
これは生と死だ!」と。
しかし、私は生き残らなければならなかった。
激しい戦いのエネルギーを感じました。
生きるか死ぬかの戦いだ。
油断してはいけないとはいえ、敵の圧力を感じた。
敵は人数が多い。圧倒的な力を持っていた。
彼らは、街の裏社会の力を利用しているようだった。戦いの雰囲気は緊張感にあふれ、戦いが進んでも緊張感は減らない。
リーダーの加藤さんの顔が見えた

Photo by U.S. Pacific Fleet

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。