私は、会話分析が社会生活の営まれ方に迫る方法であることは支持する。

私は、会話分析が社会生活の営まれ方に迫る方法であることは支持する。しかし、実際の対面の会話のみの分析で迫ることには限界があると考える。なぜならば、現在においては通信技術の発展ということを考慮に入れる必要があるからだ。例えば、電話やチャットといった面と向かわずして会話を可能にする技術が誕生した。電話の場合であれば、声を用いて会話をするという点で対面での会話と共通点があり、話の合間の沈黙や声のトーンなどを記録することによって分析をしやすいと思われる。しかし、チャットなどの場合では、声ではなく完全に文字だけで会話が行われている。そのような状況においても社会秩序が形成されるということは興味深い。これまでとは違うアプローチを用いた分析が必要になってくるということは容易に想像がつく。今やネットは日常生活の中で大きな役割を果たしており、これについての分析を抜かして社会の実像を正確に捉えることはできないだろう。そして、そのアプローチを今までの研究と関連付けて考察することによって社会生活をより知ることができる方法であると考える。

会話を使った研究は新しいものではありません。例えば、20世紀の心理学者であるジョン・ベイトソンは、会話分析を用いたことで有名です。ベイトソンは、あるグループの学生に自分自身についての質問をし、その答えを「トーク分析」という手法で分析した。ベイトソンは、学生たちに自分についての質問をし、その答えを分析する「トークアナリシス」という手法を用いて、人間のコミュニケーションに関するデータを収集した。ベイトソンは、1937年に出版した『会話の研究』において、人間の経験の中でも特に「親密」な部分に関心を持っていた。ベイトソンは、1937年に出版された『A Study of Conversation』の中で、人間の経験の「親密さ」に特に関心を持ち、日常的なやりとりの中でリアルタイムに行われるコミュニケーションの言語的・非言語的シグナルの関係を研究した。

今回の研究の著者は、現在のアプローチは時間と労力の両方を要すると主張している

Photo by Automotive Rhythms

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。