掲載中の作品

本日、院長から「あしかび」と言う言葉を教しえてもらった。

リードは、ミュージシャンがチザー、フルート、バイオリンを演奏するために使用する楽器です。

それは「進む」と翻訳することができます。

これは、「juujigen」(漕食)(顧客からお金を吸い上げる)を行う人を表す用語です。

文字通り「昔」。

長い間信じられない。少なくとも5年間はこの場所に行ってきました。その前に私は友達と一緒にそこに行きました。多くの歴史がありますが、私はそれには入りません。

しかし、私がそこにいたとき、マイケルという名前の男がいました。当時最も有名な歌手。あなたは歌手になることができず、マイケル・ジャクソンについて知らない。だから、何らかの理由で、私がそこに行ったとき、私は「ねえ、私はあなたに彼を紹介します」のようでした。会って、自己紹介をしました。そして、彼は「ああ、いや!私はあなたに会ったことがない」みたいだった。そして、私は「いやいやいや。私はあなたに会ったばかりだ。これは私の友人、ジョンだ。」少し話した後、彼は「ああ、あなたは私の娘に会いたいですか?」そして、私は、「私はそうですか。これはどうですか。マイケル・ジャクソンのコンサートを見に彼女を連れて行くつもりです。私はあなたに彼女と一緒に踊るように頼みます。」彼は「ああ、チケット代を払うよ」と言っていました。しかし、その後、彼は私のところに来て、「私はチケットの代金を払うでしょうが、あなたと一緒に行くことはできません」と言いました。だから私は「オーケー」のようでした。ですから、それは私の考えではありませんでしたが、そのようでした。

5年が経過したとは信じられません。マイケル・ジャクソンが亡くなったときのことを覚えています。それは私の人生で最も衝撃的なことの一つでした。私はそのようなものを見たことがなく、本当に彼に会いたかった。

しかし、2009年に彼が行った最後のコンサートの後、私たちは会いました。「ああ、これをやろうとしています。一緒に踊ってくれませんか?」そして彼は「私はあなたと踊ります。でも写真を撮りたいです」と言っていました。彼のツアーバスに行って写真を撮ったところ、彼は「私はあなたと写真を撮りたい」と言っていました

Photo by sretensky

本日、院長から「あしかび」と言う言葉を教しえてもらった。
元々、古事記に記載されていると言う事だが…
私の頭は、その場ではついていけない。

ググってみると
●葦牙(あしかび)—葦の芽。葦はイネ科の植物。
●宇摩志阿斯訶備比古遲神(うまし あしかび ひこぢの神)—葦の芽を神格化して生長力を現したもの。

そうか、リードの神のことか!
オーボエ奏者にとっては大切な神!!
よし敬おう。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。