掲載中の作品

朝起きたらそこは異世界だった。

まるで自分の家や部屋にいるかのように周りを見回します。私は旅の途中でいくつかの新しい場所に行きましたが、これは最も異質で、最も奇妙で、最も美しいものです。私はとても迷っています。どこにいるかわからない。
突然、森の中で道に迷って道をたどった時のことを思い出し、道を見つけるのに一生懸命努力しました。かすかな光の軌跡しか見えなかったが、道を見つける決心をした。しばらくして地面にひび割れが見つかり、ついに森を抜けました。
しかし今、私は身近なもので迷っています。私は森の中にどんどん落ちてきて、足は柔らかい地球に沈んでいきます。この場所で生きていくのか、それとも他の世界からやってきたモンスターに見つけられるのかはわかりません。私がここに所属しているかどうかはわかりません。
突然、隣に誰かが立っているのが見えます。彼のように見える男は私の父かもしれません。私の父がそこにいるような気分になる場所にいるのは奇妙です。私は彼を見て、彼が私をここに連れてきたのと同じ男だとは信じられません。
突然、私は非常に大きな叫び声と少女の泣き声を聞きました。悲鳴は非常によく知られています。少女の悲鳴だと思います。小さな女の子の叫びは奇妙で、悩まされています。男の横に立っている少女を見て、泣いている。聞こえないが、感じることができる悲鳴。とても怖くなります。少女は泣き止み、森の真ん中に立っている父親の方へ向かいます。
突然、ブロンドの髪と茶色の目と細い体の小さな女の子を見ました。彼女はとても小さいですが、彼女には強い魂があります。彼女は泣いていたが、今、彼女の目は涙で満たされ、まるで父親から離れたことがないかのように、彼女は父親を抱擁している。彼女は私のもう一人の母親、私が赤ん坊のときに私が失った母親だと思いました。どうやってこれを知っているのかわかりません。
突然、森の中に扉が開いた。私は入りました。私は背の高いオープンルームにいます。二人が床に座って、隣に少女が座っている

Photo by Ignacio Ferre

朝起きたらそこは異世界だった。私は起きたらそこが異質なものであることにすぐ気が付いた。見渡す限りの白い壁、無機質に置かれた真っ白な家具。はじめは夢でも見ているのであろうかと疑って自分の頬をつねってみようとした。しかし自分の腕が全く見慣れたものではないのである。シミ一つなく幼くすべすべとした肌。なるほどなかなかリアルな夢である。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。