今日の考察/国内での感染確認 合わせて616人に(クルーズ船542人含む) | NHKニュース

日本での感染の確認

MERSウイルスの同じ株に感染した家族は、肺炎などの深刻な合併症を発症する可能性が高いことがわかっています。ニューイングランドジャーナルオブメディシン(NEJM)で発表された研究では、MERSウイルスに感染した3,061家族のデータを調べ、同じ株に感染した人は肺炎やその他の深刻な合併症を発症するリスクが高いことがわかりました。

日本では合計616人(542隻のクルーズ船を含む)がMERSウイルスに感染し、研究者はウイルスに感染した人は肺炎を発症するリスクが高いことを発見しました。彼らは、肺炎を発症するリスクを増加させる共通の環境要因を共有した人々の間で、肺炎を発症するリスクが1.7倍に上昇したことを発見しました。

研究者は、肺炎を発症するリスクは、MERSウイルスが空気中に拡散した結果であると考えています。

これらの結果は、MERS感染に関する他の研究と一致しています。

肺炎は世界中の主要な死因の1つであり、毎年約7万人が肺炎で死亡していると推定されています。

「MERS患者には肺炎の危険因子があることはわかっていましたが、それらの危険因子が疾患の重症度と転帰にどのように影響するかはわかりませんでした」とヴァンダービルト大学医療センターの予防医学部長であるウィリアム・シャフナー博士は述べましたこの研究で。

「この研究は、感染後の最初の数日および数週間での過密、高温、過密など、肺炎を発症するリスクを高める環境要因がMERSのリスク要因である可能性があることを強く示しています」とDr. Matthewは述べた国立アレルギー・感染症研究所のウイルス学者、ミラー。

「この調査結果は、海外旅行中に乗客と乗組員が指定された医師または看護師と一緒に旅行することを保証する世界保健機関の勧告も裏付けています」と彼は付け加えた。

「これは小規模な研究ですが、肺炎を発症するMERS患者は病気で死亡する可能性が高いことを知っているため、MERSと肺炎発症リスクとの潜在的な関連性の証拠をより多く提供します」とDr.マイケルオスターホルム、ミネソタ大学の感染症研究および政策センター長、研究の共著者

高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

本日、院長から「あしかび」と言う言葉を教しえてもらった。 元々、古事記に記載されていると言う事だが… 私の頭は、その場ではついていけない。 ググってみると ●葦牙(あしかび)—葦の芽。葦はイネ科の植物。 ●宇摩志阿斯訶備比古遲神(うまし あしかび ひこぢの神)—葦の芽を神格化して生長力を現したもの。 そうか、リードの神のことか! オーボエ奏者にとっては大切な神!! よし敬おう。

リードは、ミュージシャンがチザー、フルート、バイオリンを演奏するために使用する楽器です。 それは「進む」と翻訳することができます。 これは、「juujigen」(漕食)(顧客からお金を吸い上げる)を行う人を表す用語です。 文字通り「昔」。 長い間信じられない。少なくとも5年間はこの場所に行ってきました。その前...
0 0
2020年3月6日
PlayAI::ぷれあい
掲載中の作品

ウイルス拡散の恐れのため、小中学校は少し早い春休みに突入した。

月曜日に休憩に入った学校の生徒たちはまだウイルスの「意識を高め」ており、症状のある人はその日の初めに学校職員を訪問してワクチン接種を受けることができると教育委員会のトーマス・M・キャンベル会長は語った。 地区はまた、休憩に入った学校の生徒に無料または割引料金のランチを提供する可能性を検討していると...
0 0
2020年3月9日
PlayAI::ぷれあい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です