掲載中の作品

植物由来の原料を使い、本物の肉に味や食感を近づけた「代替肉」を取…

しかし、肉の代替品は「バイオフィード」という名前で販売されており、様々な植物から作ることができます。植物ベースのハンバーガーの主成分はもちろん肉ですが、それだけです。 しかし、それは実際には肉ではないので、「本当の」肉の代用品とは呼べません。

肉の代替品はまた、乳業のために開発されています。

肥満や肉の消費が問題視されている日本では、肉の代替品の人気が高まっています。

こちらはお客さんのために用意されているという日本のハンバーガー。 ハンバーガーには大豆たんぱく質が使われており、肉やボローニャは一切加えられていません。

農林水産省の報告書によると、食肉代替品の売り上げはこの5年間で3倍になっているという。

日本の消費者も目が肥えてきており、一部のレストランでは、肉類の代替品を販売しているところもある。

Photo by TranBC

植物由来の原料を使い、本物の肉に味や食感を近づけた「代替肉」を取り入れる動きが外食店で広がっている。カロリーやコレステロールが少なく、消費者の健康志向に対応できる上、環境負荷が低いため、「優しいたんぱく源」として注目が高まっている。農林水産省によると、牛肉1キロ・グラムを生産するのに飼料11キロ・グラムや水20トンが必要となるほか、牛が飼料を消化する際に出す大量のげっぷには温室効果ガスのメタンが含まれている。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。