掲載中の作品

神奈川県鎌倉市の由比ケ浜で16日、遊泳客らがいる中、クルーザーを…

– I am.imura

– 船長は8月に長崎港を出港し、日本で船の準備をしていました。

– つまり、彼はすでに日本にいて、船の出港準備のために乗組員が集まっていた港に来ていたのですね。

– これは事実である。

– なぜ彼は日本を出国したのでしょうか?

– 彼は友人を訪ねるため、特に友人の子供たちに会うために日本を出たのです。 そのため、船乗りではありますが、彼は日本を航海することにしたのです。

– なぜ彼は広島に行かなかったのでしょうか? 犠牲者を訪問し、生存者に会うことができたからです。 なぜ広島に行かなかったのか、横浜管区海上保安本部長に聞いてみた。 船が広島に送られていたのか、乗客が送られていたのか分からないので、行きたくなかったのです」と答えた。 私は「生存者がすぐに日本に戻るようにと命令されたことを知っていたのか」と尋ねた。 と聞くと、「はい、知っていました。 しかし、船長としてはまだ救助が必要だと感じていました」。

– 私はこれに深く傷つきました。 と尋ねました。

Photo by Running Production

神奈川県鎌倉市の由比ケ浜で16日、遊泳客らがいる中、クルーザーを航行したとして、第3管区海上保安本部(横浜)が、船長を厳重指導したことが21日、3管への取材で分かった。3管は事故につながりかねない極めて危険な行為とみて、県迷惑行為防止条例違反の疑いで捜査している。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。