掲載中の作品

今月解禁されたサンマの棒受け網漁の中型船が23日午後、北海道東部の…

しかし、今年は日給1,400円(13ドル)の漁師が定刻通りに港に戻ってきた。
漁師の仕事はサンマを1日1,000匹程度獲ることだそうで、今年の漁獲量は1日4,000匹程度だったそうです。
最後の最後で寒気がしたが、定刻に帰港できてよかったと言っていた。
日給12000円の同僚は、読売新聞の取材に「モリの人たちは “働き者の多い人たち “だった」と話していた。
“プレッシャーもあり、忙しくてあわただしかった “と話し、”始めた頃は疲れていたが、時間を有効に使うことができた “と付け加えた。
アザラシ漁師は、北海道での漁獲が早かったこともあり、2012年はサンマの記録的な漁獲数を報告している。
漁師の給料は1日約1万円(97ドル)で、その他の作業は小型漁船の船長が行っている。
アザラシは1メートルほど泳ぎ、捕まえるのに20分ほどかかり、重さは1キロを超えることもある

Photo by Johnragai-Moment Catcher

今月解禁されたサンマの棒受け網漁の中型船が23日午後、北海道東部の厚岸町の港に戻り初水揚げを行いました。
ただ、全く取れなかった船も多く、漁獲できたサンマの量は去年の初水揚げと比べわずか1%ほどにとどまりました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。