掲載中の作品

栽培が難しく、「幻のタマネギ」と呼ばれる「札幌黄(さっぽろき)」…

玉ねぎ関連で有名な北海道の首都札幌にちなんで名づけられました。
イベントにゆかりのある札幌市立小学校の児童が「玉ねぎのお話」の授業を受け、イベントの主催者である札幌市公共職業安定所は公式Facebookページに “玉ねぎ関連のイベントは、子どもたちが個性を伸ばし、社会性を身につけるためのもの “とのメッセージを投稿しています。
また、イベントの主催者によると、全国各地で玉ねぎの販売や配布が行われるという。
開催期間は10月29日から11月1日までとなっている。

Photo by AnnSophieQ

栽培が難しく、「幻のタマネギ」と呼ばれる「札幌黄(さっぽろき)」の収穫が札幌市の農業体験施設で行われ、参加した親子連れなどが次々とタマネギを掘り起こして収穫を楽しみました。
「札幌黄」は、明治時代にアメリカから持ち込まれた品種をもとに道内でも育つように改良された伝統のタマネギで、栽培が難しく、生産量も少ないため、「幻のタマネギ」と言われています。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。