掲載中の作品

日本語とヘブライ語との関連が長年指摘されてきた。

この本について、日本語翻訳者への短いインタビュー。

以下、一部を抜粋します。

この本を翻訳しようと思ったきっかけは?

日本の出版社から、私の著書『日本とイスラエル、友情のつながり』の日本語訳を出版したいという話を持ちかけられました。 日本とイスラエル:友情のつながり」の邦訳を出版したいと言ってきました。 彼から連絡があったので、自分の研究を知ってもらうには良いと思いました。

この本の背景にはどのようなものがあるのでしょうか?

日本人は昔からイスラエルをとても尊重してきました。 過去には、イスラエル政府の事業に多くの日本人や政府関係者が参加しています。 また、多くの日本の家族が長年イスラエルを支援してきました。

年には日本に2000人のイスラエル人がいました。 それがここ10年で5,000人以上に増えました。

イスラエル政府の最も重要なプロジェクトの一つは、中東の大多数のユダヤ人を含む新しい国家の開発である。 日本はアジアで唯一イスラエルを認めている国です。 日本とイスラエルは非常に密接な関係にあります。

そこには、以下のようなものがあります。

Photo by Tambako the Jaguar

日本語とヘブライ語との関連が長年指摘されてきた。しかしそれに決定的で妥当な説明をした者は未だかつて現れていない。日本とイスラエルは地理的にも遠く、日本人とユダヤ人の遺伝的な系統は異なっているという。それにも関わらずどうしてカタカナとヘブライ語のアルファベットは似ていて、また日本語とヘブライ語には似た単語や表現が存在するのだろう。謎はまだ未解決のままだ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。