掲載中の作品

中東における技術革新とさらなる人工知能の浸透に向けパートナーシップを締結

中東知的財産保護協会(APIPA)は、中東の知的財産権の保護を専門とする企業と政府の連合によって設立された非政府組織です。 APIPAには現在、CSC、Intel、Samsungなどの企業を含む100以上のメンバーがいます。このグループには、エジプト特許庁、ヨルダン特許庁、クウェート経済省などのいくつかの政府機関も含まれています。

協会は、知的財産法の国際的な採用のリーダーです。 APIPAは、アラブ首長国連邦およびアラビア半島でこのような法律を推進する上で役立っています。

2013年、APIPAはカタール政府から招待され、アラビア半島での知的財産権の特許化の可能性を検討する委員会を設立しました。 APIPAは、この問題を研究するために、経済省、産業商務省、産業省の代表者で構成されるワーキンググループを設立しました。

APIPAは、地域の企業の知的財産権に自国の法律を適用することを目的として、UAE、湾岸協力会議(GCC)、およびヨルダンの政府とも協力しています。

APIPAは、産業界から政府への架け橋にもなります。そのメンバーは、展示会、会議、会議で積極的な存在感を維持し、参加者に知的財産法の採用と執行を奨励しています。

ホワイトハウスは来週まで国務省に米国人の個人データが外国政府に海外に輸出されるのを防ぐ計画を作成するために与えました。

政府は、米国の技術輸出に関する会議を水曜日に開催している外交評議会の議長でもあるレックス・ティラーソン国務長官への書簡で期限を締め切りました。

国務省は、国の輸出規制が不十分であるか、完全に施行されていないという懸念にどのように対処するかについての報告書を発行する予定です。

国務省の法律顧問事務所からの手紙は、報告書は2月19日までに完成しなければならず、政府は報告書の結果を「将来の輸出規制の策定において」検討すると述べた。

政府の新しいサイバーセキュリティポリシーは4月に施行される予定です。

マイクロソフト、アップル、グーグルなどのハイテク企業は、この計画を公に批判しており、製品を海外で販売する能力を損なうだろうと述べています

Photo by Sicnag</a ></span >

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。