掲載中の作品

子どもにとって犬はDogではありませんもしかしてあなたは、こんな風…

恐れている」「恐れている」という意味です。

この音は、唇、口、声帯、口で出すことができます。

口はこの音を出すための最も自然な方法です。

多くの人が「大丈夫」という意味で手を使ってこの音を出しています。

口は、その音を出すための最も自然な方法です。

例えば、誰かが「気をつけてください」や「お願いします」と言うとき、彼らは口を使って、お互いに、そして聞き手にそれらの音を出します。

口は、私たちが話したり、大きな声で話したりするときにも使われます。

この音を口で出すときは、「こころ」や「こんころ」と言っているような音を出したり、「こんく」と言っているような音を出したりしていることに気づくでしょう

Photo by UN Women Asia & the Pacific

子どもにとって
犬はDogではありません
もしかしてあなたは、こんな風に考えていませんか?
「子どもだし最初は意味も分からないだろうから、
ゆっくりで簡単な英語を聴かせよう」

もしこんな風に考えているとしたら、大きな間違いです。
実は、子どもは日本語と英語の区別がついていません。

「これは日本語、これは英語」として聴いているのではなく、
聞こえてくるものを単なる「音」として認識して、記憶して、口にしているだけなのです。

ですから、「犬は英語でDogって言うのよ」と教えられても子どもは分かりません。
子どもにとって4本足で歩いてワンと鳴くのは「犬」でもあるし、
同時に「Dog」でもあるのです。

それ以上でも以下でもありません。

単語だけでなくフレーズも
そのまま口から出しているだけ

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。