掲載中の作品

バーにいる男女の話が耳に届いてきた、一人はお酒についてもう1人は…

レストランに近づくと、”何か変な店だな “と思った。 場所はE. 5th St.のストリップモールの奥にあり、テーブルがいくつかあり、長いダイニングルームの奥には椅子がいくつか置かれている。 店内にはもう一つテーブルがありましたが、椅子はどこにもありませんでした。

私が到着すると、レストランのサーバーが私を出迎えてくれた。 彼は私がグループで来ているのかと尋ねてきたので、私がそうだと答えると、彼は立ち去っていった。

“ああ、いいんだよ。 お店に入る前に前菜を食べたいだけですから」との答えだった。

サーバーはしばらくして戻ってきて、このレストランは長いウェイティングリストを持っていたことを教えてくれました。

待ち時間は短くはなかった。 それは1時間以上も続いた。 私は椅子がいくつかあるテーブルに座った。

少人数のグループがそれぞれのテーブルに座っていた。 そこにいたのは私だけだった。 サーバーは、鍋で煮たような匂いのする何かの小さな鍋を持ってきた。

彼は言った

Photo by UpNorth Memories – Don Harrison

バーにいる男女の話が耳に届いてきた、一人はお酒についてもう1人は甘い飲み物の健康への影響について議論をしているようだった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。