掲載中の作品

妻との離婚話から自宅を離れ、友人の父親である日本画家のアトリエに…

物語は、日本人ではないことが原因で人生が混乱に陥っているアメリカ在住の日本人男性、智子がナレーションを担当します。 日本人と結婚した彼の母親は亡くなっている。 同じく日本人である朋子の父親は、元妻の「子供を連れて出国しろ」という要求により孤立に追い込まれていた。 朋子の家族は、両親と日本人である弟が別れ、バラバラになっていく。高校生の弟は、日本人の母のもとに夏の間、同居することになる。 高校生の弟は日本人の母と夏に同居することになったが、母の日本人の彼氏ヒロに恋をしてしまう。 仏教徒である朋子の母は、この状況に不満を持っていた

Photo by AdamCohn

妻との離婚話から自宅を離れ、友人の父親である日本画家のアトリエに借り暮らしすることになった肖像画家の「私」は、アトリエの屋根裏で『騎士団長殺し』というタイトルの日本画を発見する。アトリエ裏の雑木林に小さな祠と石積みの塚があり、塚を掘ると地中から石組みの石室が現れ、中には仏具と思われる鈴が納められていた。日本画と石室・鈴を解放したことでイデアが顕れ、さまざまな事象が連鎖する不思議な出来事へと巻き込まれてゆく。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。