掲載中の作品

人前に出ることもなく、誰とも話さず、外に出ることもなく、常に外界…

ルームメイトは絵を描くのが好きで、絵を描くのが好きで、書くのが好きなタイプの女の子でした。
彼女は絵を描くのが本当に得意でした。
彼女は昔から芸術に興味を持っていて、絵を描くのが本当に上手で、書くのが本当に好きでした。
私が彼女のアパートに行くと、まれに画用紙を渡されて、絵を描いてくれと頼まれました。
私は何度も何度も同じ絵を描いていました。
彼女のアパートはとても狭くて、部屋もきちんとしていました。
私は時々彼女の部屋で絵を描いていましたが、友彦はいつも忙しくて、ある日、友彦が私のアパートに遊びに来てくれました。
ある日、彼は私のアパートに遊びに来てくれました。
彼は部屋から出てきて、座って静かにしていた。
彼はヘッドフォンを外し、左手をHの上に置いた

Photo by flickr4jazz

人前に出ることもなく、誰とも話さず、外に出ることもなく、常に外界とは無縁の状態で生活していた。
私は彼の芸術について知りたがっていた唯一の人間でした。
彼が気にしていたのは、彼の絵や絵だけでした。
私はその家に住む機会を与えられ、空き家を管理することになりました。

それだけが私の関心事でした。
数年の間、私は友彦の芸術生活を手伝い、その家で一緒に暮らしていました。
そうこうしているうちに、私は大学の寮を出て、二部屋の小さな家具付きアパートに引っ越してきました。
ルームメイトは同じアパートに住んでいた美少女で、青森大学に留学していた友彦の親友だった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。