掲載中の作品

その日はだいぶ雨が降っていた。

男はトミーと同じようなトレンチコートを着ていたが、襟元の違うコートを着ていて、彼の最初の作品の一つだった。 男はフラスコを持っていましたが、手は拳で握っているだけで液体は出てきません。
男は私を見て、自分の薬を飲むのに役立つかのように、唇に指を当てた。
この薬は誰にも飲ませることはできないが、私は飲む人に飲ませることができる。
男が真摯な仕草をしていると思っているうちに、他の客が私に向かって歩き始めた。 フラスコを持った男は距離を置いていた。
コートの上に長めのコートを羽織っていたので、その男を間近で見ることはできなかったが、遠目から見ても、その男がどのような顔をしているべきかは、その外見からわかる。 顔は少し薄く、髪は少し長かった。
実は私が少年の頃、その学校で髪が長いのは私だけで、私は「原宿女子」というグループに所属していたので、みんなと同じように髪が長かった。
驚きはしませんでしたが、「原宿女子」で自分の実力を試してみようと思いました。

Photo by cseeman

その日はだいぶ雨が降っていた。
私は窓際の席に座り雨の音が交わるジャズとトランペットの音に耳を傾けていた。
いや傾けてなんていなかったのかもしれないしかたむけていたのかもしれに、ただ午前中いい見た屋根裏で見た絵から気を引きはなそうとしていたのかもしれない。ストレートの山崎18年を口につける。ギ-と音と共に軋むbarの扉が開かれるまるで空くことを拒んでいるような叫び声だ。するとマッキントッシュのトレンチコートを
身に纏った男性が姿を表した。慣れた手つきでボーイの横をする抜けながら私の斜め向かいに座った。冷たい夜の風と共に夜が忍びよってくる時間帯だった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。