掲載中の作品

冷たい風と共に夜が忍びよってくる時間だった。

ゴリラ

ティラノサウルス・レックス

八坂

遊牧民

猫のストーニー

ゾンビ

幼虫

ゾンビ

以下のモンスターは、あなたの進行状況に応じて一定のしきい値(ゲーム内での滞在時間に応じて)でアンロックされます。 これらのモンスターはすべてオプションで、それぞれのゲームモードでアンロックされます。

新しいクエスト

新たなクエストを獲得できるようになりました 以下は私が作った順に記載しています。

ゾンビ

新クエスト

以下、私が作った順に並べてみました

Photo by Pittou2

冷たい風と共に夜が忍びよってくる時間だった。「何か聞きたい音楽ございますか?」ボーイが私に尋ねてきた。音楽を聴きたいですか?’私はただ首をかしげて頷いた。私はブルーイングリーンをリクエストした。私は窓際の席に座り、寒くて寂しい夜の中、ワインを飲みはじめた。ビル・エヴァンスのピアノは印象派の影響を受けたスタイルで、さらに普通のピアノが弾いているようには聞こえませんでした。ピアノが止まるまでの時間が長く、私は混乱していました。頭の中はさまよっていて、ただ音楽を聴いているだけだった。あまりにも眠くて、ビル・エヴァンスに声をかけられたことすら覚えていなかった。ピアノと音で目が覚めた。頭の中がぐるぐる回っていて、自分の周りの状況が把握しづらかった。椅子にもたれかかっていた私の目の前には、暖炉に火が灯っているのが見えました。暗かった。席を立ってみると、外はまだ真っ暗で、暖炉の火が灯っているのが見えました。こんなに目が覚めていたことに驚いた。背筋が凍るような寒気を感じ、心臓がドキドキしてきました。 恐怖で周りを見回したが、何も見えなかった。私はその場で固まっていました。 私はその場で凍りついていて、自分がどこにいるのかわからなくなっていました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。