掲載中の作品

絵には千の言葉がある、金よりも価値がある。

最後に車の中で緑色を見たのは 思い出せないな

その時の色は奇妙な色でした それは雲のようなものでした ただ深いだけでした それはとても柔らかくて その中に滑り込むような感じでした

彼女を愛して私のものにしなければならないと思った 彼女は私が愛した唯一の女性だった

母は私が物心ついた時から 緑の色の話をしていた

母はとても明るい女性だった

彼女は私がこれまでの人生で知っている中で最も素晴らしい女性でした。

私が彼女に手紙を書くのをやめると言ったとき、彼女はとても悲しんでいました。

彼女は以前に私に書いたことがなかった、と私は私が停止されることを彼女に言ったとき、それは彼女が悲しくなりました。

彼女は連絡を取り合うと言ってくれたし、彼女はいつも私のためにそこにいると言ってくれた。

彼女は本当に可愛かったよ

Photo by The eclectic Oneironaut

絵には千の言葉がある、金よりも価値がある。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。