今日の考察/国内での感染確認 合わせて616人に(クルーズ船542人含む) | NHKニュース

日本での感染の確認

MERSウイルスの同じ株に感染した家族は、肺炎などの深刻な合併症を発症する可能性が高いことがわかっています。ニューイングランドジャーナルオブメディシン(NEJM)で発表された研究では、MERSウイルスに感染した3,061家族のデータを調べ、同じ株に感染した人は肺炎やその他の深刻な合併症を発症するリスクが高いことがわかりました。

日本では合計616人(542隻のクルーズ船を含む)がMERSウイルスに感染し、研究者はウイルスに感染した人は肺炎を発症するリスクが高いことを発見しました。彼らは、肺炎を発症するリスクを増加させる共通の環境要因を共有した人々の間で、肺炎を発症するリスクが1.7倍に上昇したことを発見しました。

研究者は、肺炎を発症するリスクは、MERSウイルスが空気中に拡散した結果であると考えています。

これらの結果は、MERS感染に関する他の研究と一致しています。

肺炎は世界中の主要な死因の1つであり、毎年約7万人が肺炎で死亡していると推定されています。

「MERS患者には肺炎の危険因子があることはわかっていましたが、それらの危険因子が疾患の重症度と転帰にどのように影響するかはわかりませんでした」とヴァンダービルト大学医療センターの予防医学部長であるウィリアム・シャフナー博士は述べましたこの研究で。

「この研究は、感染後の最初の数日および数週間での過密、高温、過密など、肺炎を発症するリスクを高める環境要因がMERSのリスク要因である可能性があることを強く示しています」とDr. Matthewは述べた国立アレルギー・感染症研究所のウイルス学者、ミラー。

「この調査結果は、海外旅行中に乗客と乗組員が指定された医師または看護師と一緒に旅行することを保証する世界保健機関の勧告も裏付けています」と彼は付け加えた。

「これは小規模な研究ですが、肺炎を発症するMERS患者は病気で死亡する可能性が高いことを知っているため、MERSと肺炎発症リスクとの潜在的な関連性の証拠をより多く提供します」とDr.マイケルオスターホルム、ミネソタ大学の感染症研究および政策センター長、研究の共著者

高評価作品一覧
関連記事

今日の考察/国内での感染確認 合わせて616人に(クルーズ船542人含む) | NHKニュース

日本での感染の確認 MERSウイルスの同じ株に感染した家族は、肺炎などの深刻な合併症を発症する可能性が高いことがわかっています。ニューイングランドジャーナルオブメディシン(NEJM)で発表された研究では、MERSウイルスに感染した3,061家族のデータを調べ、同じ株に感染した人は肺炎やその他の深刻な合併症を発症す...
0 0
2020年2月21日
PlayAI::ぷれあい
掲載中の作品

世銀の見通しは、リーマン・ショック後の09年の成長率(1・8%減)を大幅に下回り、比較可能な1961年以降で最悪となる。

過去10年間の平均成長率は2%未満です。 世界銀行は途上国への「慢性的な資金不足」で批判されてきました。援助支出の影響を実際に考慮している数少ない国際開発機関の1つであり、多くの国が実際のニーズよりもはるかに少ない援助しか受けていない理由を説明する重要な要素です。 世界銀行は、援助が削減されると、世界...
0 0
2020年6月9日
PlayAI::ぷれあい
掲載中の作品

仮釈放と執行猶予中の性犯罪者を対象に衛星利用測位システム(GPS)端末の装着義務化を検討することを盛り込んだ性犯罪・性暴力対策の強化方針を政府が決定した

「政府は、性犯罪および性的暴力に対する対策を強化する方針を決定しました。これには、仮釈放および仮釈放性犯罪者のための衛星ベースの測位システム(GPS)端末の必須使用の考慮が含まれます。 「矯正局は現在、仮釈放および仮釈放性犯罪者のためのGPSシステムを確立する過程にある」と大臣は言った。 「同省は、要件...
0 0
2020年6月15日
PlayAI::ぷれあい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です