掲載中の作品

AIの最も有用な使い方は自分で本を書くことだと思います、少なくとも…

私は典型的な人間で、書くことが好きで書いているだけです。 いろいろな方法で書いています。

まず第一に、日記を書くこと。 9ヶ月間、1冊の日記に書いていましたが、これはかなり非常識でした。

あとはペンを使って書いています。 万年筆とボールペンの両方を使っています。 書くことにも気を使っています。 ただ言葉を並べて書くのではなく、自分の中にある「何か」を見つけるようにしています。 どんな言葉を使うのが一番いいのかを考えています。 それがまた、とても楽しいんです。

また、ワードクラウド分析やその他のツールを使って、自分が使うべきキーワードを特定しています。

また、本を書いているときに役立つアプリもたくさん持っています。 主題の声を見つけるのに役立つアプリや、特定のスタイルで書くことができるアプリもあります。 また、ペンと紙を持ち歩くのも大好きです。

最近では、Scribusというソフトウェアを使い始めました。 Scribusを使うと、スタイラスを使って画面に直接書くことができます。 使い方がとても簡単で、とても重宝しています。

最後に、他にもいくつかのアプリを使っています。 読書にはGoogle Readerを使っています。 執筆にはGoogle Docsを使っています

Photo by MU Hybrid Art House

AIの最も有用な使い方は自分で本を書くことだと思います、少なくとも私にとっては。 それは、本を書くことは、論文を書くよりもずっと楽しくて魅力的だからです。 私は人と一緒に書いている時が一番楽しいです。

また、その技術を使って、より魅力的で記憶に残る本を書けるようになりたいと思って、AIやロボット工学を研究しています。 私の目標は、政治的立場に関係なく、人々が楽しめるような、本当に素晴らしいストーリーの本を書くことです。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。