掲載中の作品

あるよく晴れた日、私は深い森の中で死体を発見した。

その後、私は金色のものを取って村に逃げ込みました。
それ以来、私は何事にも金色のものを持って行きました。
私は村からとても離れた場所で金色のものを見つけました。
走って通り過ぎた時、私は金色のものを持って、すぐにその場を離れました。
それはどこかの森の中にありました。
こんにちは!」と声をかけられてびっくりしました。
その声を聞いて、私は驚きました。
その声は私の声ではありませんでした。
機嫌の悪い女の子の声でした。
そんな女性を見たことはなかったが、その姿を見て私は苦笑せずにはいられなかった。
私からは逃げられないわよ?
少女は軽く笑った。
お姉ちゃんなんだから」。
その少女は、5、6歳くらいの女の子に見える小さな女の子だった。
綺麗な金髪をポニーテールにして、赤いリボンで後ろに引っ張っています。
少女のような可愛らしい顔立ち。
ほらね」。
私は彼女に手を差し出して、彼女の顔を見た。
そうなんですね。 とっても可愛らしい顔をしています。 金色のやつを持っていくよ。 あなたにあげるわ

Photo by forkcandles

あるよく晴れた日、私は深い森の中で死体を発見した。
 死体を発見したらどうするべきか? そんなことはどこの村の子供たちでさえ知っている。
 とても簡単。腐っていなければ金目の物をいただいて、さようなら。
 腐っていれば、すぐにさようなら。とても簡単なことだ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。