掲載中の作品

雪の森の中。

地面に凍りついた川のそばに、一人の女性が立っていた。
川を覆っていた雪はすべて凍ってしまっていた。
彼女は毛皮のコートを着ている彼女の体には長すぎる毛皮のコートを着ていた。
彼女の肌と髪は雪のように白かった。
彼女の顔は青白く、目は大きく開いていた。
彼女は白い毛皮のコートを着た女性でした。
そして、彼女が川を見た瞬間、雪が降っていました。
彼女は白い川を見ていた。
……..あなたはどこの大陸から来たのですか?
彼女は雪の中でそう尋ねた。
私の名前はソナです。 「
そうなんですか? 「
彼女は穏やかな表情でうなずいた。
私はこの領域にいます」「この仕事を終えたら戻ります。 「
彼女は腰に手を当てて雪の中を歩いた。
雪が彼女の上に落ち、髪の毛が落ちた。
彡(゚)(゚)「……そうですか。 お目にかかれて光栄です。 彡(゚)(゚)「……あ、ごめんね。 」
ソナは少し心配そうな顔をしていた

Photo by magro_kr

雪の森の中。一冬かけて積もった雪が、草をすべて押しつぶしていた。いろい地面から細長い葉をもつ高い木々が生えている。
枝の隙間から見える空には。今にでもまた雪が降りだしそうな、どんよりとした低い雲が広がっている。太陽の光は弱い。
静かな場所だった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。