彼は胸を揉みながら、彼女の膣を揉み始めた。

彼は胸を揉みながら、彼女の膣を揉み始めた。彼の手は少女の膣の中に入り込み、舌で触り始めた。少女は怖かった。彼女は何かを言おうとしましたが、言えませんでした。考えられなかった。考えることもできず、動くこともできなかった。

“お嬢ちゃん、怖がらないで” 先輩はそう言ってオナニーを始めた。”お前、俺に犯されるのが好きなのか?”

母親はまだ何が起こっているのか理解しようとしていた。彼女は恐怖を感じ、信じたくなかった。

男は、”さあ、始めようか… “と言った。

彼は少女から引き抜くと、彼女の乳房に吸い付き始めた。女は怖くて逃げようとしたが、男はそのまま続けた。彼女は何かを言い続けたが、遅すぎた。

彼は少女を犯し続け、本当にゆっくりとやっていた。”この人がどんな人か教えてくれませんか?”と彼女に尋ねた。

彼女は “わからない “と言って逃げようとした。

“俺が怖いのか?”と彼は彼女に尋ねた。

彼女は “いいえ… “と答えました。

“これならどうだ?”と彼は言った。彼は彼女の足を押し広げ、そして彼女の口を押し閉じました。”本物の男に犯されたくないのか、お嬢ちゃん?”

彼は再び、今度はゆっくりと彼女を犯し始めました。”そうよ、大好きよ… “と彼女は言い始めたが、彼はそれを止めた。

“いや、何も言ってないよ。君はとても怖かったんだ…”

男はペニスを少女から外した。

Photo by rocbolt

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。