掲載中の作品

食後のお茶が終わると、さっそく本題に入りました。

“で、どれくらいここにいるの?” 私は尋ねた

“昨日から 国から手伝いに来ました”

“君は貴族の息子か?”

“そうだけど どうして知ってるの?”

“ああ、それは…確かに誰かがこの状況を利用するのはちょっと怪しいとは思うが、調査を始めるつもりはない。 注意は必要ですが、安心してください。 私に任せてください。”

“我々の状況について何か知っているのか?” 私は尋ねた

“私も外部の情報はあまり持っていません”

私は言葉を失っていました。

何と言っていいのか分からなかった。 “正直に言ってくれたことに 感謝しないといけないのかな (徳井)”正直に言ってくれたことに感謝しないと” “正直に言ってくれたことに感謝しないと” “正直に言ってくれたことに感謝しないと しかし、それだけでは足りなかった。 彼は私が知らない何かを知っているような気がしたのです。

“まあ、表面化する方法を見つけないといけないのは分かっている。 だから君を助けてきたんだ。 君はまだ一人前だ”

“それが理由だ “と私は答えた

Photo by PROYECTO AGUA** /** WATER PROJECT

食後のお茶が終わると、さっそく本題に入りました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。