掲載中の作品

技術の非常に発達した国でした。

こんな国は初めてです。 普通の場所だと思っていたのですが、その広さに驚きました。

田舎は昔ながらのレイアウトで、大きな建物が密集していて迷子になりにくかった。

何キロか車を走らせていると、丘の上に小さなお寺が見えてきました。

小さな木の扉からお寺に入らなければなりませんでした。 お寺の中に入ると、住職のお経が聞こえてきて、お寺の中は明るく照らされていました。

私はお寺の中に入って、そのまま祭壇に向かいました。 私は膝を組んで石の上に座り、儀式の本を開きました。 緊張したが、招かれたのだから仕方がない。

“ここがそうですか?”

“そうだ、この寺は人類が南方に移住する前に建てられた。 主の家』と呼ばれています。

とても古いお寺です。”

“で、私は何をすればいいの?”

“ここで矢代という若者が生まれたと言われています。 彼は主に選ばれた三人のうちの一人であり、主自身が僧侶として祝福したとされています

Photo by orientalizing

技術の非常に発達した国でした。そのせいか人々は体を動かすことをしなくなり、次第に体の弱い子供が増えてきました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。