掲載中の作品

何もないその街には、今もって大きな裂傷が残っている。

投稿者 無礼者|2012年7月9日(月) 4:45:56 PM

今、どこかで読んだコメントによると、映画で初めて「ジョーク」という言葉が使われたのは「オズの魔法使い」(1939年)だったそうです。 それを見ると、大体の場合、映画がどのように最低レベルで機能しているのかが垣間見えてくるような気がします。 なんでもかんでもジョークのネタにする方法を発明してしまうのはどうかと思います。

投稿者:ダベック|2012年7月9日 19時32分36秒

私がこの投稿に同意しているのは、映画の中の音楽がふざけているという部分だけです。 これについてはいくつかの懸念がありますが、映画を見るのを妨げるほどのものではないと思っています。 音楽が本当にギャグだった場合、それは最初から明らかであっただろう。 音楽が幸せなヒッピーではなく、マッドサイエンティストの口から出てきたのは完璧なジョークだったでしょう。

投稿者. ジョン|2012年7月10日 9時24分47秒

この映画はユーモアと皮肉をうまく使っていると思います

Photo by Pulmonary Pathology

 何もないその街には、今もって大きな裂傷が残っている。このまま朽ち果てていくのか、誰かが天空の音楽を塗り込むのか、そしてそれはいつなのか、お前には分からないだろう。葉脈のように張り巡らされた浅い単純な神経回路と、いかにも人工物のような海風の中で、ただ時だけが過ぎていくように見えるが……。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。