掲載中の作品

重々しい声で話を切り出した。

“ごめんなさい あなたが誰だか知らないけど、今すぐ殺さないといけないわ。 少し離れたところにいるから、長年会ってきた人のことは気にしなくていいと思うよ”

“ああ、ごめんなさい。 許してください。 私はそういう人間なので” 彼は少し丁寧に聞こえた。 “あなたを殺さなければならないだけです”

“本当にごめんなさい。 私はそういう女なんです。 “では、相手側に問題があるのか?”

“いいえ、大丈夫です”

“じゃあ、どうする?”

“まだ私のこと好きなの? そうだと思うけど、それが良いことなのか悪いことなのかよくわからない。 何年も付き合いのある友達がたくさんいて、今でも好きなんです。”

“そうか、それは良かったな。 だって、あなたにはたくさんの友達がいるでしょう?”

“うん、でもよく知らないんだ” 彼の手が震えた。 “友達なんていないと思うよ 私はただ、私は彼らがずっといたと思っています。 なぜそう思うのかわからない。 彼らは私にとっては友達のように感じているが、私は彼らに自分の気持ちを表現することができていませんでした

Photo by Elvert Barnes

重々しい声で話を切り出した。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。