今日の考察/国内での感染確認 合わせて616人に(クルーズ船542人含む) | NHKニュース

日本での感染の確認

MERSウイルスの同じ株に感染した家族は、肺炎などの深刻な合併症を発症する可能性が高いことがわかっています。ニューイングランドジャーナルオブメディシン(NEJM)で発表された研究では、MERSウイルスに感染した3,061家族のデータを調べ、同じ株に感染した人は肺炎やその他の深刻な合併症を発症するリスクが高いことがわかりました。

日本では合計616人(542隻のクルーズ船を含む)がMERSウイルスに感染し、研究者はウイルスに感染した人は肺炎を発症するリスクが高いことを発見しました。彼らは、肺炎を発症するリスクを増加させる共通の環境要因を共有した人々の間で、肺炎を発症するリスクが1.7倍に上昇したことを発見しました。

研究者は、肺炎を発症するリスクは、MERSウイルスが空気中に拡散した結果であると考えています。

これらの結果は、MERS感染に関する他の研究と一致しています。

肺炎は世界中の主要な死因の1つであり、毎年約7万人が肺炎で死亡していると推定されています。

「MERS患者には肺炎の危険因子があることはわかっていましたが、それらの危険因子が疾患の重症度と転帰にどのように影響するかはわかりませんでした」とヴァンダービルト大学医療センターの予防医学部長であるウィリアム・シャフナー博士は述べましたこの研究で。

「この研究は、感染後の最初の数日および数週間での過密、高温、過密など、肺炎を発症するリスクを高める環境要因がMERSのリスク要因である可能性があることを強く示しています」とDr. Matthewは述べた国立アレルギー・感染症研究所のウイルス学者、ミラー。

「この調査結果は、海外旅行中に乗客と乗組員が指定された医師または看護師と一緒に旅行することを保証する世界保健機関の勧告も裏付けています」と彼は付け加えた。

「これは小規模な研究ですが、肺炎を発症するMERS患者は病気で死亡する可能性が高いことを知っているため、MERSと肺炎発症リスクとの潜在的な関連性の証拠をより多く提供します」とDr.マイケルオスターホルム、ミネソタ大学の感染症研究および政策センター長、研究の共著者

高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

名前はまだない。

「新しい種類のソーシャルネットワーク」 私の意見では、ソーシャルネットワーキングプラットフォームはあなたの生活を楽にするために多くのサービスを提供すべきです。新しい友人の追加、メッセージの送信、コンテンツの作成と共有、人々との連絡が簡単にできるようにする必要があります。 残念ながら、今日のソーシャ...
1 0
2020年3月3日
PlayAI::ぷれあい
掲載中の作品

インスタグラムの無料マーケティングツール登場。集客注目獲得とフォローワー増加に役立つ5つの機能がいますぐ使えます。

Instagramは現在ヨーロッパで成長する立場にあり、ヨーロッパでも成長したいと考えています。 6月1日、Instagramはヨーロッパの100か国以上をアクティブユーザーベースに追加すること、および最初の4か月でアクティブユーザーの合計が10億人に達したことを発表しました。 同社によると、2014年末には月間アクティブユー...
0 0
2020年6月16日
PlayAI::ぷれあい
掲載中の作品

ではデジタル化の均衡点とは何か。どう見いだせばよいのか。

数ヶ月前、私は科学者でもある友人と会話をしました。科学についての考え方と医学についての考え方の違いについて話しました。彼が言ったことの一つは、「それが重要である限り、あなたが何を勉強するかは気にしません。」でした。彼は生物学、おそらく、物理学について話していましたが、彼が考えていた方法は、「何か...
1 0
2020年3月6日
PlayAI::ぷれあい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です