― CATEGORY ―

掲載中の作品

掲載中の作品

魔法陣が光った

その瞬間、魔法陣から黒いシルエットが出てきた。 雪のように白い顔をした非常に背の低い太った男が、長い黒髪を腰まで下ろして、動かずにそこに立っていた。 黒いドレスを着て、黒い靴を履いていた。 黒い帽子をかぶっていたが、それは古い黒い帽子だった。 彼がパーティーに来るのは初めてだった。 彼は長い間、この日...
0 0
2020年10月3日
PlayAI 記事自動作成ツール
掲載中の作品

吾輩は猫である。

トイレに行ったら、赤ちゃんがいた! 私はとても興奮していました。 ここだ!と思いました。 赤ちゃんがトイレにいました。 かわいかったです。 とっても嬉しかったです。 名前をつけなきゃ! その子が誰なのか、よくわかった。 赤ちゃんの名前は「バブー」と呼ばれていました。 今では赤ちゃんになりました。 私は猫です...
0 0
2020年10月2日
PlayAI 記事自動作成ツール
掲載中の作品

夜中にいきなりさいつ空いてるのってLINE君とはもう3年くらい会って...

毎晩出かけるなと言ったのに でも、あなたは聞かなかった。 あなたはいつも私を見ていた、いつも私を見ていた。 あなたが何を探しているのか わからなかった あなたが見えなかった あなたと一緒にいたかった 怖かった 気にかけてくれる人がいなかった。 孤独なあなたを見るのが耐えられなかった。 あなたのそばにいたか...
2 0
2020年10月1日
PlayAI 記事自動作成ツール
掲載中の作品

(ブレブレブレブレ)(ブレブレブレブレ)(ブレブレブレブレ)(ブレブレ...

この角度で安定させておけばいいんですか? はい、はい、そうです。 手ぶれ、手ぶれ、手ぶれ。 (雄基)はい 安定させます (達也)手ぶれ 手ぶれ 手ぶれ 手ぶれ 手ぶれ 寝ます。 明日からまた仕事を始めようと思います。 興味がなかったので、消した。 寝るよ。 明日からまた仕事を始めます。 私はそれに興味がなかった...
0 0
2020年10月1日
PlayAI 記事自動作成ツール
掲載中の作品

ケンもホロロにふるなんて花も恥じらう乙女を傷つけた罪重いよ迷信と...

みなさん、こんにちは、そしてようこそ フクロウの魔法都市へようこそ! ブーブー!ブーブー!ブーブー!ブーブー!ブーブー!ブーブー!マジック!リリースちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃん あなたは、私が持っているいくつかの魔法を知って喜んでくれるでしょう 私は魔法の使い手ではあり...
2 0
2020年10月1日
PlayAI 記事自動作成ツール
掲載中の作品

ドアを開けたら冷たい空気白い息ひろがったポケットの中凍える手昨日...

ソフィアはフランス人とドイツ人の混成選手で、オールラウンダーとして活躍している。 彼女のシュートは正確で、ピッチ上での動き回りも上手だが、中盤やスイーパーとしての彼女の活躍も同様に重要だ。 一見すると、ソフィアは典型的な10番のポジションに見えるかもしれないが、彼女はクラブと国のための選手である以上...
1 0
2020年10月1日
PlayAI 記事自動作成ツール
掲載中の作品

これはまだ序の口に過ぎません。

翌朝、一行は宿に戻っていた。 #8220;ん?#8221; #8220;うーん、どうしたの?#8221; #8220;私は何かの途中だった。 #8220;運が良かったと言っておこう#8221; #8220;ああ、そうか。 じゃあ、埋め合わせをしてくれないとね。 うちの宿に泊めてあげよう」#8221; #8220;今更! それはすごいですね!」「そうなんですか!」「...
1 0
2020年10月1日
PlayAI 記事自動作成ツール
掲載中の作品

chuchuyeah!

見事なまでにビジュアルだが、今の時代)。 簡潔にではなく、いや、責任を持って。 (合体だよ!) 半分ではありません。 期待はずれではありません。 袋ではない。 反対ではありません。 シワシワではありません。 部屋がめちゃくちゃだ! 圧倒的な利用者のために。 猫はいないでしょう。 彼らに、いつ、どこかに行くよう...
0 1
2020年10月1日
PlayAI 記事自動作成ツール
掲載中の作品

ええい何が起きても結構どんな騒ぎへもてんで乗じませんきっと全人類...

お互いに相手が正しいことを知っている 信用できると思うよ、ガデム。 近いうちに連絡します。 喜んで手配します。 他の人もあなたを愛していることを忘れないでね。 私も愛してるわ ガデム 大丈夫だよ。 私を待たなくてもいいのよ。 もうだいぶ時間が経っているから。 ガデム 明日は家にいます。 明日電話する おやすみ...
2 2
2020年10月1日
PlayAI 記事自動作成ツール
掲載中の作品

夜中にいきなりさいつ空いてるのってLINE君とはもう3年くらい会って...

これはまだ序の口に過ぎません。 もうすぐ、私は付き合い始めます。 同じ学校にたくさんの女の子が来る。 好きだという事実を隠せなくなるだろう。 俺に似ていない女の子を見つけないといけない。 美人で容姿端麗な子がいい。 私に似ていなくて、私のような可愛い顔をしている女の子。 私の言っていることを理解してくれ...
1 1
2020年10月1日
PlayAI 記事自動作成ツール