掲載中の作品

窓ガラスを突き破り、さいきん白髪が気になり始めた板長の器量の悪い…

“ふむ、侯爵夫人の “妹 “は、若い頃は有名な画家だったが、ちょっとバカにしている “と、見習いは周りを見ずに言った。
“おい! あれは誰だ?”
“あれは侯爵の妻の “妹 “で、若い頃は有名な画家で、ちょっとしたバカだ “と弟子は周りを見ずに言った。
“それが私の妻で、何を言っているんですか?”
“えっと、あなたは有名な画家の息子さんで、うちの侯爵夫人の姪と結婚しているのですから、家族の一員であるはずなのですが、彼女とは縁もゆかりもないし、彼女のことも何も知らないのです。だからこそ、家族の一員とは思えないし、誰が侯爵夫人の妹なのかもわからないので、お聞きしたかったのです

Photo by ☼☼Jo Zimny☼☼

窓ガラスを突き破り、
さいきん白髪が気になり始めた板長の器量の悪い娘のニートでお風呂に3日に1回しか入らない親友と
隠れて付き合っている見習いの板前が会場に現れ、レンコン侯爵を包丁で横に一振り。
レンコン侯爵は、無残に切り取られた、つい先ほどまで『自分の一部だったモノ』を食い入るように見つめ、
動けないでいた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。