掲載中の作品

厚い雲が垂れ込める空を見上げて、大きくため息をついた。

課長、そうは思いませんよ」。
御厨は苦笑いをして頷いた。
「私もそう思います。平和の象徴と関係がありますけどね。
あ、そうですか
私はケースに目を戻した。
遺体は革と布に包まれ、三人の兵士に担がれていた。首都でこの手の死体を見つけるのは珍しいことではない。
三人目の兵士は弓矢を持っていた。
隣の兵士も弓を持っていたが、彼の方が軽い。
一人目の兵士は弓と弓を持っていました。二番目の兵士は短い矢を持った弓を持っていました。
そして三番目の兵士は十字弓と弓を持っていました。
全員が国防省から支給された服を着ていた。
どうやら、この事件を発見して調査するために派遣されたようです。
兵士たちは皆元気で、任務に問題はないようだった。
それならば、彼らに捜索を続けさせておくのが一番だろう。人体が見つかれば、身元の確認ができるはずだ

Photo by CA2M

厚い雲が垂れ込める空を見上げて、大きくため息をついた。
「これで3件目か、捜査本部がたつな。」
日下部は、レインコート越しに話しかけてきた。
「主任はどうお考えなんですか?他殺もありですか?」
御厨は、少し声をひそめた。
「それは、多分ないな。あんまりバイアスは良くないが、状況は自殺だろう。」
御厨は、小さな声で相槌をうった。
「あとはこれですか。」
御厨は遺体の手の甲を指さした。油性マジックで描かれたピースマークは雨に打たれていても、はっきりと視認できる。
「3件目だからな。自殺教唆の線も含めて、聞き込みだな。」
日下部は御厨に視線をおくった。

自殺教唆ですかね。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。