掲載中の作品

ぼくのともだちはこんにちはといった

びっくりしました。

友達を探しています。待ってるよ」と言ってくれました。

明るく微笑んで、お辞儀をしてエレベーターを降りた。

遠くを見ると、何人かの人がエレベーターに向かっていた。

その様子を見る限り、どうやらパーティーが行われているようだ。

ちょっと困ったことになっているが、なんとかなるだろう。また明日ね」と言っていた。

お待ちしております

あ、私もお待ちしております」。

私は二人を見渡して後を追った。

どうやら命がけで走っているようだ。

このままだと大変なことになりそうだ。

喧嘩をしている場合ではないが……

お酒を買いに行きます」と言っています。

いいよ!」と言っていました。

外で喧嘩をしている人の音が聞こえてきそうなドアに目をやる。

もし外で喧嘩をしているのなら、私は一刻も早く帰らなければならない。

待って!」。

え?

しばらく来ていませんね。来たら、すぐに来てください!」「え?

驚きました。

驚いたのは、この人がとても丁寧にしてくれていること。

Photo by IntrepidExplorer82

ぼくのともだちはこんにちはといった

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。