掲載中の作品

DlifeDlife(ディーライフ)は、かつてブロードキャスト・サテライト…

コンテンツショー]

歴史編集

D-Lifeは、タイム・ワーナーとウォルト・ディズニー・カンパニーの合弁会社であるBSSコーポレーションの子会社であるブロードキャスト・サテライト・ディズニー(BSディズニー)の衛星チャンネルとして2018年1月にスタートした

2015年には、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の英語版や、「らき☆すた」「ラブひな」「鋼の錬金術師」などの日本の人気ドラマを放送した。

2015年8月、D-Lifeは日本のテレビ局として初めて衛星テレビサービス(S.T.R.I.P.衛星)と地上デジタルテレビサービス(D-TV)を開始しました。

2016年9月、D-Lifeはアニメ関連のコーナーとニュース専用のコーナーを備えた新しいオンラインコンテンツサイトを開設した[5]。

また、同チャンネルは2017年6月に独自のストリーミングサービス「D-LIFE」を開始し、月額40種類以上の動画コンテンツ[6]をストリーミング配信している。

2017年10月23日、株式会社BSSは「D-LIFE」の放送を開始することを発表した。

Photo by 119th Mobile Public Affairs Detachment

Dlife
Dlife(ディーライフ)は、かつてブロードキャスト・サテライト・ディズニー(BSディズニー)が運営していたテレビチャンネルの一つである。同局が放送する衛星基幹放送(BSデジタルテレビジョン放送)のメインサービス(代表サービス)に位置付けられていた。

直接受信のほか、一部のケーブルテレビなどに加入することで視聴できた

キャッチコピーは「世界の番組まるごと無料放送」(2018年1月 – 2020年3月)。開局時には「あなたの毎日に、もうひとつの世界を」、その後は「わたしの心を動かす、ちょっと特別な日常」→「ディーライフ。ココで見ル、タダで見ル。」(2017年1月 – 12月)だった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。