掲載中の作品

202X年、世界は核の炎で包まれた。

AIが発達したことで、政府はより効率的に国民をコントロールすることができるようになった。
安定した政府という印象を与えるために、新しいシステムが導入された。
国民には誰が主導権を握っているのかを知らされず、システム全体が自由で開かれた社会という考えに基づいていた。
ネオ安倍内閣の閣僚は制服を着る必要がなく、自由に動き回り、コミュニケーションをとることができた。
ネオ安倍内閣の閣僚は街中であまり動き回ることが許されていなかったので、政府の責任者は外務室と内閣を担当する総理大臣としか知られていませんでしたが、そのようなことはありませんでした。
また、閣僚は国会に出席して国会に参加することも許されていた。
しかし、首相の後任には新閣僚が就くことになった。
新閣僚は三井加奈子という女性でした。
この閣僚は首相より少し年上だが、容姿は首相に似ていた。
彼女は「第三党」のリーダーだった。

Photo by skyapollonstudio

202X年、世界は核の炎で包まれた。海は枯れ、地は裂け、全ての生物が死滅したかのように見えた。だが、人類は死滅していなかった。
滅亡した日本の新たな首都は大阪となり、政府首脳の活動拠点は東京の国会議事堂から大阪の通天閣へと移された。
安倍内閣は最初の核攻撃により全滅したため、AIにより安倍内閣の活動内容を再現したネオ安部内閣が発足した。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。