掲載中の作品

ある日を境に、ボクは眠れなくなった。

目の前の現実が何なのかわからない世界の一つです。しかし、それが本物なのかただの夢なのかを知ることは不可能です。

この50年間、私はすべてのものが工場で作られている世界に生きてきました。これは、すべてのものが工場で作られている世界です。

このような生活に満足していなかったある人がいたので、死んだ後の世界のことを考えるようになった。

[5]

この世界は、全人類が生きていくための場所です。しかし、私の知っている人たちは、ずっと前からそういう世界で生きてきました。

世界というのは、目の前の実物が何なのかわからない場所の一つです。しかし、それが本物なのか、ただの夢なのかを知ることはできない。

[6]

眠れない。眠れない。私の意識は徐々に薄れていく。

[7]

疲れていて、考え続けています

Photo by Henk Bekker

ある日を境に、ボクは眠れなくなった。もう1週間以上は眠っていない。眠っていなさすぎて、否、眠れなさすぎて1週間という期間が正しいかの判断さえ出来かねる。ボクは眠いのだ。眠い。眠いにも関わらず、一向に眠れないのだ。不眠症かとも考えたものだが、

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。