掲載中の作品

さぁて、今日はどんなお仕置しようかな、手枷でもつけようか、「うん…

“んんっ?” 私は、うめき声を上げる。

私は彼女にキスしようとしていた。

“どうしたの?”彼女は私が少しあまりにも敏感にされていたことを少し心配して、尋ねます。

“何でもない “と私は言う、かなりそれを自分自身を信じていない。

“わかった、でも今日はキスはしたくない”

私は彼女をじっと見つめていた 彼女が何を言っているのか 理解しようとしていた “今日 “ってどういう意味?彼女は今日のことを言っているのでしょうか?中学生だと思っていた昨日が普通の日だったのか?

(山里)ため息が出ましたね (徳井)”何か罪悪感があるかもしれないけど “罪悪感があるかもしれないけど” “やらなきゃいけないことなんだよね”

私は言葉に窮しています “どういうこと?”私はただあなたにキスをしたかった”

彼女はしかめっ面して 顎をこすった “変だと思っているのは分かるけど、そうする必要があるのよ。”恐怖を乗り越えるんだ”

“どういう意味?” 混乱した様子でもう一度聞く。

“つまり、あなたは私たちと一緒にいるし、ママとパパはいないし、あなたは学校で一番の人気者なのよ だから、今私と一緒にいることは……まるで……..チームの一員になったようなものよ。”やらなきゃいけないんだよね?”

どう反応していいのかわからない

Photo by MoietyMe

さぁて、今日はどんなお仕置しようかな、手枷でもつけようか、「うん」今日はやけに素直じゃん!そんなこの子はパッと見中学生?ピンクのジャージにツインテールの小柄な少女20才、キスしてハグしてたくさんナデナデイイコイイコだね。シャワー浴びてきたんだ 洗いたての髪の香りにもうクラクラ

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。