掲載中の作品

そして、私たちはベッドに入りました。

私は彼にキスをしました。彼は私を引き寄せました。そして、彼は私にキスをさせてくれました。彼が引き離した時も気づかなかったわ 彼が言うのを聞くまではね “もういいわよ、お嬢さん “って
“でもパパ、なぜ私にキスさせてくれないの?” 私は彼に尋ねた
“それは、そうするべきではないからだ。あなたは私の娘で、私は男なのに、私にキスをしたいの?女の子のように振る舞うことを学ばなければなりません。”
彼がまだ話している間に私は服を取りに走りました。数分後に帰ってきたので、何があったかを話しました。
父は驚いていました。女の子がそんなことをするなんて信じられないって。私が無事かどうか確認したかったようです。私は、私が持っていた感覚がとても良かったので、それは夢のようだったと彼に言いました。彼はモールに行って、いくつかの女の子の服を得るために私に言った。私は行ってもいいかと聞いたが、その必要はないと言われた。
私は怒っていましたが、家に帰りたくなかったので、彼と一緒にいることにしました。私は行動を覚えるようになりました。私はもっと気をつけて、彼の思い通りになるように頑張りました。私は女の子になろうとしていました。それからやめました。自分に腹が立ちました

Photo by Conspiracy.of.Cartographers

そして、私たちはベッドに入りました。私が眠りにつこうとしたとき、彼の手が私の胸に伸びてきました。“やめて! そんな風に触らないで!”彼は私にキスをして、それからどれくらいの時間気を失っていたのかわからない。目が覚めると、私はリビングにいて、タオルを体に巻いて電気をつけていました。父はテレビの前に座って携帯を見ていました。
“D-D-Daddy?何見てるの?”
“スマホいじってる”
パパは笑った。”そんなことさせていいと思ってるの?お前は俺の娘だ。”人との接し方を教えてやる”
“何を言ってるの、お父さん?触られても気にしない。ただ寝たいだけなんだ”
“あぁ、ダメだ、寝るわけにはいかない。寝る気にさせない。キスをさせてあげるから、キスをさせてね。気にしなくていいよ。俺がどれだけお前を愛しているか知っているだろう。やるべきことをやればいいのだ”

“パパ 話したいことがあるの” 私はほとんど話すことができないほど泣いていました。彼が座ったので、私はカバーを近くに寄せて泣き始めました。
“どうしたの?”
“誰にもキスして欲しくない。”触って欲しくない”
“わかってるよ ハニー”
“パパ お願い 触りたくない 考えることもできない”
“わかってるよ” “二人が寝るまで待ってから 全部話してね”
“わかったわ パパ 全部話すよ”
“わかったわ
“キスをする時は 強くて深いキスをして欲しい あなたの唇を私の唇のように 温かく感じて欲しい 私のものだと感じたいの パパ いい子にしてほしいの 私をいい子にしてほしいの、あなたのために私をいい子にしてほしいの。”
“わかったわ、ハニー。キスはするけど、何をしたらいいかは言わない。何でも言っていいから、断られたら悲しむから言っておくよ” 彼にキスされて、私はすっかり濡れてパンティがびしょ濡れになってしまいました

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。