掲載中の作品

私たちは一緒にベッドに入りました。

* * *

A: ハイ、ジェニファー。あなたのアカウントを読んだかどうかを聞こうと思っていたのですが、すでにその質問に答えてくれていますね。これが起こってから1年以上経ちますが、次に何が起こったのか、あなたがあなたの経験を共有してくれるなら、もっと詳しく知りたいと思っていました。

ジェニファー

私はこの国で最初の団塊の世代が成人したのとほぼ同じ時期に生まれました。私は父を知らず、母は社会福祉士をしていて、10歳の時に私と二人の兄弟とその弟を預かっていました。その年齢で子供の世話の仕方を教えてもらっていたので、かなり鍛えられていました。良い子になるために最善を尽くしました。お酒は飲まないし、タバコも吸わないし、何にでもイエスと言っていました。完璧な娘でした。彼らが望んでいると言われていたのは私です。私は良い人でした。

1967年4月の18歳の誕生日の日、母の家にいた私と妹はドアが開く音を聞きました。私たちが見上げると、玄関には女性がいました。走ったのを覚えています。

Photo by siamesepuppy

私たちは一緒にベッドに入りました。私が眠りにつこうとしたとき、彼の手が私の胸に伸びてきました。“やめて! そんな風に触らないで!”彼は私にキスをしました。私はすっかり濡れてパンティがびしょ濡れになってしまいました。彼は私をレイプしようとしました。私が彼の股間を蹴ると、彼は怒った熊のような大きな唸り声をあげ、私をベッドに投げつけて服を脱がせました。彼は私の服を脱がせ、最後に胸を離すと腰にベルトを巻いていました。私は彼を押しのけて叫びました。私の声を聞いた彼は部屋に逃げ込み、ドアに鍵をかけました。それからどれくらいの時間気を失っていたのかわからない。目が覚めると、私はリビングにいて、裸で電気をつけていました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。