掲載中の作品

私たちは一緒にベッドに入りました。

美由紀の方を見ると、微笑んでいたので目を開けた。彼女は両手を腰に戻し、足を大きく開いていた。大きく息をしていて、目を閉じていました。私は “これでいいのかな?”と思いました。胸が重くなってきました。自分でもびっくりするくらい重くなっていました。頭が軽くなってきた。

みゆきが「キスを続けるか」と聞いてきました。と聞かれ、私はそうしたと答えました。美由紀は私の上に移動し、両手を私の下に滑らせました。私は仰向けになり、後ろからキスをされていました。私が横向きになると、彼女は胸から腰にかけてキスをしていました。後ろからの彼女のタッチを楽しみたかったので、少し足を広げていました。彼女は私のアソコの唇を舐めていて、彼女の舌が私のクリトリスに軽く擦り付けられているのを感じました。私は、「これは他のものと同じくらい気持ちいいのかな」と思いました。

私は大きく息をしていて、彼女の舌が私のクリトリスに触れているのを楽しんでいました。私は自分自身に思った “これは私が望んでいたものですか?” 私はそれに夢中になっていました。私の足をもう少し広げて、彼女は自分の足を動かしていました。

Photo by Elvert Barnes

私たちは一緒にベッドに入りました。みゆきが眠りにつこうとしたときに、私がみゆきの脚の間に手を入れると、みゆきは喘いで私の手を押しのけようとした。これは何だ?もしかしてこれが、私が望んでいたものか。やっとわかった。私はこの時まで、女の子どうしの付き合いをよく思わなかった。みゆきは目をそらして、みゆきと私の唇を押し合わせた。”私はあなたが彼らに言っていないことを知っています “とみゆきは言った。彼女の声は震えていた。”秘密を守るのは大変だった” 私は他の女の子を見渡した。他の女の子は目を閉じていた。彼女たちは、私とみゆきの間に何が起こっているかを認識していないように見えた。”続きをやりましょう。”と私が言うと、みゆきは私の胸を

みゆきさんが見えたと思って引いてみると、ベッドの上で足を広げて横たわっていました。まだ少しショックだったけど、それを表に出さないようにしていた。” 懐かしい感じがした。私が彼女に手を置くと、彼女は目を見開いた。彼女は私を見て微笑んだ

“彼女は夢を見ていたに違いない。”彼女が私を見下ろしているのを見た気がした”

“とても気持ちよかった”

“もう少しここにいてもいいかな?” (山里)”もうちょっとここにいてもいいかな?” (徳井)”いいよ

“気にしてないよ” “いいよ “と答えると、女の子たちが笑い出しました。本当にあんなに笑っているのを見たのは初めてでした。

“何を考えたの?”

私は彼女を見て、”私はとても混乱していました

“秘密を守るのが大変だった “と美由紀は言った。”声が震えていました “女の子が好きだと言ったんだ”

彼女にキスをしながら、ベッドの上の足。

愛していました。

愛していた。

愛してた

愛してた

愛してた

君を愛していた

君を愛していた

君を愛していた

私はあなたを愛していた。

と、彼女はため息をついて目を閉じました。私たちがベッドに向かって移動するとき、私は彼女の手を握り、私たちはキスをしました。私たちが移動するとき、私の手は冷たかった。彼女は彼女の手を私の腰に移動させ、私の肩に頭を置いた。彼女は私を見上げると目を半閉じにして囁いた。

君を愛していた

私は身を乗り出し、彼女に唇を近づけた。彼女は頭を遠ざけ、目を閉じていたが、彼女は呟いた。

愛していた

私は彼女の手を握ってベッドに向かって移動した。そして、手を離すと、彼女が微笑んでいた。私は微笑んでまた彼女にキスをした。彼女の手は私の腰に戻り、彼女は私の肩に頭を乗せた。そして、彼女は目を閉じてつぶやいた。

そして、私はあなたを愛していました。

私は微笑んで、また彼女にキスをした。

それから、彼女を寝かせて、その上に乗った。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。