掲載中の作品

そして、美由紀の口の中に射精した。

凄く楽しかったです。
“よし、もうやめよう。いや、今から家に帰ろう”
私は本当は動きたくなかった。
ここで休んでいたかった。
“よし、帰るよ。
心配しないで、静かにするから。”いい?”
片付けが終わった後、またセックスをしました。
時間を見ると、次のイベントまでまだ2時間くらい残っていました。
またやるのは楽しかったです。
一日が終わった後、ママに話しかけました。
‘胸が大きいね!’と。
なんて大きいんだろうと思いながら、恥ずかしかったです。
“あー、大きいなー “と思っていたのですが
そう言われると、さらに恥ずかしさを感じました。
“そうだよ

Photo by David Jackmanson

そして、美由紀の口の中に射精した。精液が流れ込むと、美由紀はそれを飲み込み、少年のペニスを丸ごと飲み込んだ。そして、ゆっくりとペニスを抜いた。そして、美由紀の顔にキスをし始めた。私は怖くなって部屋を飛び出しました。部屋から出てきたのは、少し年下の女の子でした。
 
「 みゆきちゃん、ダメだよ。(静流) ダメだよ!(みゆき) 男の子を見下してんじゃねえぞ!(吉森) ダメだよ!」
「 私は…ごめんなさい ごめんなさい ごめんなさい!」
「 この度は大変申し訳ありませんでした。もう二度とこんなことはしません。」
「 わかったわ 言われた通りにします。」
完全にびっくりさせられました。男の人はとても優しく接してくれました。冗談だと思っていたが、心臓がバクバクしていた。
「 みゆき、今回は前みたいなことはしない。もうやめてほしいです。そんなことしないで!」
「 あなたの言う通りにします。約束します 」
「 私が責任を持って対応させていただきます。」
男はまた嘘をついているのかと思ったが、「嘘はつきません」と笑顔で言ってくれた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。