掲載中の作品

おまたせ!

“ごめんね “と言いながら 私は果汁と砂糖しか飲んでいません。お茶を飲み慣れていない”

“お茶を飲み慣れていないのは、いつもお茶を飲んでいる悪い癖があるからです。”

“アイスティーしかないからいいかな”

“紅茶は美味しいし、好きなんじゃないかな?フルーツジュースと砂糖も欲しいな。”

“今は時間がない”

“ならば問題ないのですが…”

“いいんだよ。フルーツジュースでいいですよ”

私は笑顔でそう言って背を向けた。

カフェに行ってゆっくりしようと思っていたのですが、彼女に引っ張られてしまいました。

“おい!フルーツジュースしかないぞ!”

“ごめんね。アイスティーしかないのよ。”

“アイスティーって言われるのは嫌だわ。砂糖と果汁しかないのよ”

“なら問題ない”

“慣れてないから 熱すぎるだろうな”

“お茶はおいしいし 好きになると思うよ 私も果汁と砂糖をお願いしたいです。”

“何なら果汁と砂糖は有料ですよ”

“そうだね。私はお金がないの。”

彼女は笑顔で私に言った。

私もお金を持っていませんでした。

私も持っていませんでした。

Photo by kong niffe

おまたせ!アイスティーしかなかったんだけどいいかな?

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。