掲載中の作品

コスタリカの石球(コスタリカのせっきゅう、StonespheresofCostaRic…

サイズ

ラスボラスグランデの大きさは、直径25~30cm程度のものから2mにもなるものまで、様々な大きさがあります。

材料

ラス・ボラス・グランデの材料は不明。

遺跡

石球は、ロス・コーチェ・デル・オロ、ロス・コーチェ、サン・カルロス、サンタ・リタ、サン・ファン、ラス・ロサスの遺跡で発見されています。

他の場所

この石はプエルト・ドミンゴやリオ・サン・ベルナルドの遺跡でも発見されています。

類似点

ラスボラスグランデは花崗閃緑岩でできています。

世界最大の石球です。

ラス・ボラス・グランデは、カリフォルニア湾と太平洋の川の回廊沿いにあった、コロンビア以前の酋長領に似ています。彼らの文化や建築は、ペルーのインカ帝国のそれに似ています

Photo by Billy Wilson Photography

コスタリカの石球(コスタリカのせっきゅう、Stone spheres of Costa Rica)とは、1930年代の初め、コスタリカの密林で発見された石の球体である。現在までに200個以上が発見されている。石球を含む考古遺跡4箇所は「ディキスの石球のある先コロンブス期首長制集落群」の名で世界遺産リストに登録されている

目次
概要
スペイン語でラス・ボラス・グランデス(大きな玉)。石球のほとんどはタラマンカ山地の麓に産する花崗閃緑岩が原料であるが、貝殻石灰岩製のものも少数存在する。大きさは直径2センチメートルの小さなものから、直径2メートルを超える大きなものまでと様々である。最大級の石球は重量にして約25トンである。現在、石球の持ち出しや売買は現地の法律で禁じられている。

製作年代について
石球の正確な製作年代やその目的は不明である。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。