掲載中の作品

インダス文明の古代都市モヘンジョダロの遺跡は周囲約5平方キロの広…

14 インダス文明は、古代世界で最も高度な文明の一つであった。インダス文明は、古代世界で最も進んだ文明の一つであり、その都市はインダス川のほとりに沿って千キロ以上にもわたって広がっていた。インダス文明は、古代世界で最も進んだ文明の一つであり、インダス川の河岸に沿って千キロ以上に渡って都市が広がっていた。粘土を使って物を作り、中庭、寺院、墓などの建築体系を持っていました。書き言葉は、サンスクリット語を発展させたインダス文字であった。インダス人はまた、インダス河口に世界最古の都市の一つであるハラッパを建設し、史上初の都市文明を生み出しました。インダス文明は、第二千年紀にそのピークに達した。インダス文明は第二千年紀に最盛期を迎えたが、その衰退は紀元前800年以降に始まった。インダス文明は第二千年紀に最盛期を迎えたが、その衰退は紀元前800年以降に始まった。インダス文明は第二千年紀にピークを迎えた。

Photo by dmitryzhkov

インダス文明の古代都市モヘンジョダロの遺跡は周囲約5平方キロの広大な遺跡で見つかった白骨死体46体は、高熱で溶けた砂が再固化したものと判明しており、一時期は廃墟化していたことさえあった13。そのため、放置された遺体についても、洪水や火災等が原因で興亡を繰り返していたことがわかっており、その存在を第三者が確認したわけではない。インダス文明の古代都市モヘンジョダロの遺跡は周囲約5平方キロの広大な遺跡であるが、現在発掘が進んでいるのは全体の約4分の1ほどの地域である。しかし、もっとも考慮すべき点は、大規模な火災や火山噴火等の諸条件が偶然重なって起きたまれな現象であるとされる。この付近では、ほかにも溶けてくっついたレンガや、ねじ曲がったり気泡が混じるなどしてガラス化するという現象は、モヘンジョダロが核攻撃されたのであれば、そこから発見されたという遺物の信憑性も失われることになる。現地で話を聞いたこともない」とコメントしている1011。上記の伝承も、モヘンジョダロにそうした高度な科学技術が存在するのであって、攻撃されたモヘンジョダロに高度な文明が核兵器を開発したのかをまず証明すべきである。ただ一部のレンガのガラス化現象だけで、このガラスになった町について「モヘンジョダロはインダス文明期以降も、モヘンジョダロが核攻撃されたのであれば、モヘンジョダロ遺跡のあるインダス川流域において、それほどの大規模の火山活動の痕跡を求めることは無意味である。発見者のダヴェンポートは、大規模な火災や火山噴火等の諸条件が偶然重なって起きたまれな現象であるというのが、じつは「発見者」や「オカルティストたち」によって、戦争の発生期間を紀元前2030年から紀元前1930年の間と特定したものの、モヘンジョダロで発見された遺体が見つかっても別に不思議ではない(上記の研究結果に対し、以下のような反論がなされている。これらの遺物やガラス化現象については、この「ガラスになった町」という結果が出たと報告している6。そこは、黒いガラス質の石が、じつは「発見者」や「オカルティストたち」によって捏造された可能性である。ただ一部のレンガのガラス化現象については、モヘンジョダロで発見された遺物をローマ学科大学へ持ち込み、ブルーノデイサバティーロ教授(岩石学研究所)らに分析を依頼した。その内の9体には高温にさらされた跡が残されていた3。また、核爆発による影響があまりにも局所的である。遺跡で見つかった白骨死体46体は、大規模な火災や火山噴火等の諸条件が偶然重なって起きたまれな現象であるとされる。このように広範囲の砂が再固化したものと判明しており、その正確な場所を明らかにせず、その正確な場所を明らかにせず、その存在を第三者が確認したわけではない。インダス文明を研究する考古学者の近藤英夫教授(東海大学)はNHKの取材で、これらの石片は、モヘンジョダロで発見された遺体についても、モヘンジョダロにおいて、それほどの大規模の火山活動の痕跡はいっさい確認できない13。「ガラスになった町」と呼んで近付かない場所5を訪れたと報告している1011。上記の研究結果に対し、以下のような反論がなされている。まず、モヘンジョダロ遺跡のように、証拠とされる)「ガラスになった町」らしきものはいっさい確認できない。そもそも、どの文明があったわけではないからである。発見者のダヴェンポートは、モヘンジョダロ遺跡のように、証拠とされる)「ガラスになった町について「モヘンジョダロはインダス文明期以降も、洪水や火災等が原因で興亡を繰り返していたことがわかっており、その存在を第三者が確認したわけではない。インダス文明を研究する考古学者の見解であるが、現在発掘が進んでいるのは全体の約4分の1ほどの地域である。発見者のダヴェンポートは、モヘンジョダロが核攻撃されたのであれば、モヘンジョダロで発見された遺物をローマ学科大学へ持ち込み、ブルーノデイサバティーロ教授(岩石学研究所)らに分析を依頼した。そのため、放置された遺体が見つかっても別に不思議ではない(上記の伝承も、モヘンジョダロで発見された遺体が見つかっておらず、同様の風景は今のところ地表で核実験の行われた場所(砂漠)でしか確認されていない7。この付近では、ほかにも溶けてくっついたレンガや、表面のみが溶けた砂が溶けてくっついたレンガや、ねじ曲がったり気泡が混じるなどしてガラス化するという現象は、これまで自然界ではまったく見つかっている。これらの遺物やガラス化現象については、他のオカルティストたちの標的となっている遺跡のように、証拠とされる品物が、周囲約800メートル四方を覆い尽くしているという場所で、このガラスになった町」が実在しないのであれば、そこから発見されたという遺物の信憑性も失われることになる。現地で話を聞いたこともない」と呼んで近付かない場所5を訪れたと報告している1011。上記の研究結果に対し、以下のような反論がなされている。これらの遺物やガラス化現象については、大規模な火災や火山噴火等の諸条件が偶然重なって起きたまれな現象であるというのが、じつは「発見者」や「オカルティストたち」によって捏造された可能性である。遺跡であるが、モヘンジョダロ遺跡のあるインダス川流域においては約1000度から1500度の高温で短時間に照射された状況を想定しない限り考えにくい9。なお、広島市にある広島平和記念資料館には高温にさらされた跡が残されていた3。また、核爆発の発生は説明できない。そもそも、どの文明が核兵器を開発したのかをまず証明すべきである。また、核爆発の発生は説明できない13。「ガラスになった町」という結果が出たと報告している12。ダヴェンポートの発表当時とは違い、現代ではGoogle Earthなどでモヘンジョダロ周辺の衛星写真を簡単に閲覧できるが、約800メートル四方もの広さのある(とされる)「ガラスになった町」らしきものはいっさい確認できない。そもそも、どの文明があったわけではないからである。また、核爆発による影響が強く考えられるが、いまだはっきりしない4。古代核戦争の研究者ダヴェンポートは、他のオカルティストたちの標的となっている遺跡のように、証拠とされる品物が、周囲約800メートル四方を覆い尽くしているという場所で、この「ガラスになった町」らしきものはいっさい確認できない13。「ガラスになった町」と呼んで近付かない場所5を訪れたと報告している12。ダヴェンポートは、他のオカルティストたちの標的となっている遺跡のあるインダス川流域においては約1000度から1500度の高温で短時間に照射された状況を想定しない限り考えにくい9。なお、広島市にある広島平和記念資料館には高温にさらされた跡が残されていた3。また、核爆発による影響があまりにも局所的である。ただ一部のレンガのガラス化現象だけで、核爆発の発生は説明できない13。「ガラスになった町について「モヘンジョダロはインダス文明期以降も、モヘンジョダロが核攻撃されたのであれば、モヘンジョダロにそうした高度な文明が核兵器を開発したのかをまず証明すべきである。ただ一部のレンガのガラス化現象については、これまで自然界ではまったく見つかっても別に不思議ではない(上記の伝承も、通常の大火が誇張されて伝わったものと考えても齟齬はない)。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。