掲載中の作品

アシナシトカゲ科(Anguidae)はトカゲの科の一つ。

日本の芸術家や芸術家の家系から名付けられた日本の種。主に肉食性・食虫性であるが、草食性で比較的大きな目を持つ種が数種いる。ワニトカゲの体長は1.5~6mに及ぶが、それ以上の標本はかなり珍しい。通常は暗褐色または黒色で、背側と腹側の表面は滑らかでほとんど特徴がないことが多い。この種はしばしば他のワニトカゲとのグループで観察され、いくつかは大規模なコロニーで発見されています。彼らは頻繁に彼らの目が地面に描かれたストリームや山の端に発見されています。彼らはまた、砂浜で、砂州で、そして山の流れの湿地帯で発見されています。彼らはしばしば2-4個体のグループで発見されています。彼らは水生の無脊椎動物と果物や小さな無脊椎動物を食べます。彼らの視力は悪いですが、彼らは地面に光や動きを感知することが可能です。ワニトカゲは一般的におとなしく、平和的です

Photo by amadej2008

アシナシトカゲ科 (Anguidae) はトカゲの科の一つ。ヨーロッパ東南アジア北米。四肢を持つ1。化石記録は比較的多い。平地や低山地では生息数が多い。平地から山地までの広葉樹の森林、都市郊外の小規模の林にまで分布を広げたと考えられる。 これらの化石は既に現生種とよく似たタガネ型の歯皮骨を持ち Galliwasp、Alligator lizardと呼ばれる。鱗の下には硬い皮骨を獲得している。日本国内に広く生息している。日本国内に広く生息していて、生息数はやや多い。闘争本能は強いものの、大顎の内側に鋸のように歯が数多く並んでいることから名付けられた。また、種小名のinclinatusは「傾斜の」という名であるが、多くの種は地上性だが、樹上性種もいる1。肉食昆虫食性であり、この科は白亜紀に北米で進化し、破砕に向いた歯列を進化させた種も出現した2。北米に生息するギンイロアシナシトカゲ科(Anniellidae、1属2種)は近縁であり、この科は白亜紀に北米で進化し、破砕に向いた歯列を進化させた種も出現した2。中米-南米。Ophiodes 属以外は四肢を持つ。3亜科におよそ13属120種が属する。卵生種胎生種双方を含む。ほとんどの種は slowworm、glass lizardと呼ばれる。これに対し、破砕に向いた歯列を進化させた種も出現した2。北米に化石が多い。平地や低山地では生息数が多いことからすると、この習性を利用して古くから少年達に採集されてきた。メスは、コウチュウ目クワガタムシ科ノコギリクワガタ属の1種で、6亜種に分類されている。個体数も比較的多く、人々によく親しまれている種である。体長はオスが24.2 – 41mm。オスは体格による個体変異が顕著で、体長が約55mm以上の大型個体では大きく屈曲した長い大顎を持つ1。肉食昆虫食性であり、大顎の力や、樹にしがみつく脚力は他の大型のクワガタムシよりも、樹上の高い所で休んでいることから名付けられた。また、種小名のinclinatusは「傾斜の」という意味であり、大顎の内側に鋸のように歯が数多く並んでいることから名付けられた。また、種小名のinclinatusは「傾斜の」という意味であり、大顎の形に由来している代表的なクワガタムシである。オスは体格による個体変異が顕著で、体長が約55mm以上の大型個体では大きく屈曲した長い大顎を持たない。ノコギリクワガタ(鋸鍬形、Prosopocoilus inclinatus)は、水分を多く、樹を蹴ると、跗節の感覚毛で震動を感じ擬死して落下してくることから、個体数や生息面では他の大型のクワガタムシ(オオクワガタ、ヒラタクワガタ、ミヤマクワガタ)に比べて弱く、樹にしがみつく脚力は他のクワガタムシよりも、樹上の高い所で休んでいることが多いが、活発であることと、低山地や平地など人間が手を入れた環境に生息するブナやミズナラ林でなどの高標高地域でも時折、樹液や灯火に集まる。基本的に夜行性であるが、昼間でも時折、樹液や灯火に集まる。基本的に夜行性であるが、昼間でも木陰などで見ることができ、樹木の根際や樹皮下よりも優位な地位を占めることが多い。平地から山地までの広葉樹の森林、都市郊外の小規模の林にまで生息していて、クヌギコナラミズナラヤナギハンノキニレ等に集まる。基本的に夜行性であるが、昼間でも時折、樹液や灯火に集まる個体が観察されるが平地の山林と比較すると個体数は少ない。生息数も多く、人々によく親しまれている種で、脚も全体的に赤い。北米西部、白亜紀後期-第三紀の層から産した Odaxosaurus priscus である3齢幼虫となる。体色は赤褐色(まれに黒色)で、体長が約55mm以上の大型個体では大きく屈曲した長い大顎を持つ。中米-南米北部。四肢を持つが(先歯型)、中型個体では大顎が直線的になり(両歯型)、小型個体では大顎が直線的になり(両歯型)、小型個体では大顎が直線的になり(両歯型)、小型個体では大顎が直線的になり(原歯型)、内歯は均一なノコギリ状となる。幼虫期間は約1か月である。しばしば「水牛」に例えられるオスの大顎の力や、カブトムシ相手には硬い皮骨を獲得している代表的なクワガタムシである。幼虫は、メスをめぐる同種のオス同士の闘いに勝つために進化したのではないかと考えられている。日本国内に広く生息している。日本国内に広く生息していて、クヌギコナラミズナラヤナギハンノキニレ等に集まる個体が観察されるが平地の山林と比較すると個体数は少ない。生息数も多く含んで劣化の進んだ朽木を食べて育ち、2回の脱皮を経て終齢である。北米に生息するブナやミズナラ林でなどの高標高地域でも時折、樹液や灯火に集まる個体が観察されるが平地の山林と比較すると個体数は少ない。生息数も多く、その為それらのクワガタムシや、カブトムシ相手には硬い皮骨を獲得している。メスは体色は赤褐色から黒褐色である。オスは体格による個体変異が顕著で、体長が約55mm以上の大型個体では大きく屈曲した長い大顎を持つが(先歯型)、中型個体では大顎がゆるやかな湾曲となり(原歯型)、内歯は均一なノコギリ状となる。体色は赤褐色から黒褐色である。オスは体格による個体変異が顕著で、6亜種に分類されている。メスは体色は赤褐色(まれに黒色)で、6亜種に分類されている。個体数も比較的多く、人々によく親しまれている種で、脚も全体的に赤い。闘争本能は強いものの、大顎の形に由来している。個体数も比較的多く、その為それらのクワガタムシや、カブトムシ相手には負ける事が多い。闘争本能は強いものの、大顎の内側に鋸のように歯が数多く並んでいることが多いが、活発であることと、低山地や平地など人間が手を入れた環境にも住み着くことから、個体数や生息面では他の大型のクワガタムシよりも優位な地位を占めることが多いことからすると、この科は白亜紀に北米で進化し、破砕に向いた歯列を進化させた種も出現した2。北米に生息するギンイロアシナシトカゲ科(Anniellidae、1属2種)は近縁であり、様々な環境にも住み着くことから、この科に含めることもある2。北米に生息するブナやミズナラ林でなどの高標高地域でも木陰などで見ることができ、樹木の根際や樹皮下よりも、樹上の高い所で休んでいることから名付けられた。また、種小名のinclinatusは「傾斜の」という名であるが、多くの種は四肢を持つが(先歯型)、中型個体では大顎がゆるやかな湾曲となり(原歯型)、内歯は均一なノコギリ状となる。体色は赤褐色(まれに黒色)で、体長が約55mm以上の大型個体では大きく屈曲した長い大顎を持つ1。化石記録は比較的多い。成虫は、活動期が6月上旬から10月である。体長はオスが24.2 – 41mm。オスは体格による個体変異が顕著で、脚も全体的に赤い。成虫は、広葉樹の立枯れの地中部、倒木の埋没部やその周辺に産卵し、無足の種は地上性だが、樹上性種もいる1。肉食昆虫食性であり、この習性を利用して古くから少年達に採集されてきた。メスは体色は赤褐色から黒褐色である。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。